ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

<   2009年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

サッシ取り付け完了と色決め

今日は午後から 「岡崎の家」 の現場でお施主さまと内部の色決めを行いました。

a0049695_20544810.jpg現場では昨日まででサッシの取り付けがほぼ完了しました。

玄関のオーダーのステンレス製サッシも取り付けられました。
正面のドア自体はスチール製ですが、W1200xH2500の特大サイズです。
表面には天然木を張り、ドアの両側ははめ殺しのガラスとなります。


a0049695_20594596.jpg特大のサイズですので扉が重たいのです。
設置には大人4人で吊り込んだようです。

相当な重量があるので、通常のドアのような丁番(ちょうばん)では吊れないので、 「フロアヒンジ」 という床と上枠とに中心軸のある軸回転のドアとしています。
今日、お施主さまに実際に開け閉めしていただきましたが、フロアヒンジのドアですので特に問題なく開け閉めでき、お施主さまも納得されました。


a0049695_216318.jpgその後、リビングに長テーブルとパイプいすを並べての打ち合わせ。

今日は比較的、風が流れていたので特に暑さは感じませんでした。

フローリングや壁の塗装サンプル、木製ドアや造作家具の色見本などを並べて、内部の色決めを行いました。

基本的な部分であるフローリングと内壁の塗装色をまず最初に決め、それに合わせて木製建具と造作家具の色を決めました。

その他に、浴室や洗面室、WCの床や壁のタイル、洗面カウンターの色などなど、今日では全てを決めることができないので、次回に持ち越しのものもありました。

結局、現場のリビングで4時間ぐらいの打ち合わせでした。
お疲れさまでした。
by tajimbo | 2009-07-12 21:13 | 岡崎の家

キマド2

本日、キマド社から片引き窓の下枠のサンプルが届きました。

a0049695_18422642.jpg先日のスマートエコウィンドウとは違う、スタンダードタイプの片引き戸。

手前が外部側、奥が室内側の外観。
下枠(敷居:シキイ)はアルミのシルバー。
通常の木製建具の場合、敷居部分には真鍮(しんちゅう)などのレールがあるため水が溜まりやすく腐りが進行しやすいため、ヒノキなどの腐りにくい材料を用いることが多いのですが、その腐蝕への解決策としてアルミの敷居としています。

タテ枠は木の集成材で、アルミの下枠の上にのっている納まりですがアルミの下枠との取り合い部分が黒いゴムとなっています。
このゴムも、タテ枠下部が腐ってこないように水に接する部分をゴムにしているのでしょう。
このゴムがイマイチなので、塗装で色をつけないといけないかな?


a0049695_19132320.jpg左手が外部、右手が室内側。

片引き戸のため、アルミ部分の突起になったレールは1本です。

室内側は集成材ですが、やはりタテ枠の室内側の足元には黒いゴムが見えてきます。
黒いゴムは今後、もう少し薄い色にならないですかね。




これから、「大西の家」 での採用をコストを含めて検討してみます。
by tajimbo | 2009-07-11 19:19 | 建材情報

ニトリのキッチン

a0049695_2234983.jpgいまCMもやっている 「ニトリ」 のシステムキッチンを見に行ってきました。

写真の、I型:2550mmフロアキャビネットとレンジフード、吊り戸棚、IHヒーターがついて、消費税込で 199,000円です。

値段だけ見ると安いですが、運賃(25,000円)、設置工事費用(条件により変わりますが200,000前後?)は別途です。

この最安バージョンは、食洗機は設置 「できません」。
正直、今の時代、食洗機が設置できないのはどうかなーとは思いますが。
このバージョンは、客寄せの「目玉商品」、「広告の品」 という扱いなのでしょう。

また、引き出しのレールは普通のレールで、今、ほとんどのメーカーでは採用しているソフトクローズ(閉まる直前でスーッとスピードが落ちて、スッと閉まるレール)ではありません。
引き出しの数が少ないほど価格が抑えられますが、その分、引き出し1コが大きく収納量が増えます。
そこに鍋やフライパンなどの調理器具や瓶に入った調味料などを下段の引き出しに入れると結構な重さになりますが、ソフトクローズでない引き出しを力を入れて閉めるとバーンと閉まることになり、瓶がガチャガチャと当たり、瓶の割れなども懸念されます。

a0049695_23105247.jpg引き出しと引き出しの間の隙間がイマイチです。

調整すれば直るとは思いますが、設置した時はきちんと隙間を調整したはずでしょうが、発売後すぐに、収納物もない状態でこのように隙間がずれてくるということは、引き出しのハコの強度に問題があるか、レールの強度に問題があるのでは・・?

4つの引き出しすべてが傾いていますね・・・。






もうひとつ、299,000円のバージョンがあるのですが、こちらは食洗機のオプション選択は可能です。
また、こちらのタイプはソフトクローズの引き出しレールで、有名なブルム社のレールでした。
こちらのタイプが、売れ筋、本命でしょうか。



設置工事はニトリが紹介する工事店が直接行うようですが、工事店としても設置後のクレームがちょっと怖いですね。
引き出しの不具合などですぐに呼び出されるなどでは、クレーム対応に時間とコストがかかるかも知れません。

僕の感想としては、『お、ねだん以上』 ではないですね。
これでは、「安物買いの・・・」 になるのでは、と思います。


ちょっと、辛口すぎかな?
by tajimbo | 2009-07-10 23:31 | 建材情報

キマド

陰ながら進めている 「大西の家」 で検討するために、キマド社製のサッシの資料請求をしていたのですが、わざわざ東京の営業マンがサッシのサンプルを持って説明に来てくれました。

キマドの窓は、最近では無印良品の 『窓の家』 でも採用されています。

また、既製品のものからサイズオーダーのものまで、幅広く対応してくれるので、建築家の方々も採用しています。

a0049695_11343531.jpg写真は外部へ押し出して開く 「突き出し窓」 のスマートエコウィンドウの外観。
窓枠が細くてシャープな外観です。

外部に面する部分はアルミ製でシルバーです。
その他にはホワイト、ブラックに近いブロンズの全3色があります。


a0049695_11453626.jpg室内側は木の集成材です。
写真の色は白っぽい木のクリアですが、茶色などの色もあります。

内部からは外観のアルミ枠は見えないようになっているため、室内から見たときには木製サッシのように見え、温かみのある室内になります。
一番室内側の木製枠がちょっと無骨ですので、このあたりは納まりを工夫してデザインする必要がありますね。


a0049695_11545156.jpg窓の断面です。向かって左側が外部、右側が内部です。
左側の黒いものはペアガラスの断面です。

ガラスを受けている材と外部の枠がアルミで、内部が木の集成材で、開く扉と内側の枠との間にグレーの気密、水密を確保するゴムパッキンがあります。




既成のアルミサッシメーカーが出している木調の樹脂サッシよりも、内部の質感も良く(樹脂サッシの室内側の質感はプラスチックすぎてイマイチ)、外部はシャープでスマートに納まります。

また、思っていたよりも価格が手ごろで、大雑把に、通常のアルミサッシで1軒100万円のサッシ代だとした場合、同程度のキマドが120~130万円程度の値段です。
通常のアルミサッシと比較すると高くはなりますが、性能やデザインなどを考えると、この値段はお手ごろです。


いろいろと話しをしていると、「このサンプルは置いていきます」 とのことで、当事務所に当面は常備されることになりました。

その他、リビングなどの大開口部の引戸の枠のサンプルも後日送ってくれるということにもなりました。





a0049695_12225564.jpgこのキマド、結構いいですよ。

写真は実際に採用された建物です。

写真の建物や 『窓の家』 に使われた 「スマートエコウィンドウ」 のサッシサンプルをご覧になりたい方は、お気軽にご連絡ください。
→info@archist-link.com




ショールームが富山の本社にあるようなので、いつかドライブがてら行ってみようかなー。
工場見学も、楽しいものですよ。
by tajimbo | 2009-07-09 12:20 | 建材情報

屋根防水とサッシ搬入

a0049695_18202474.jpg今日は午前中 「岡崎の家」 の現場へ。

小雨が降っていましたので、屋根へ上って防水の状況を確認。

今回は勾配のゆるいフラット状な屋根で、さらにいろんなところに段差がある屋根です。
コンクリートの型枠も大変な作業だったんですが(型枠大工さんが丁寧に仕事してくれました)、シート防水もその屋根形状に合わせて張られています。

防水シート材の継ぎ目部分の確認(穴が開いていないかなど)、水の流れ具合やルーフドレイン(タテ樋へつなぐ水下(ミズシモ)の金物)廻りの納まりの確認をしました。


a0049695_1830131.jpgまた、今日アルミサッシも搬入され、取付の段取りをしています。

特殊な表面仕上げのサッシなので工場での製作期間が45日必要だとかで、納期に関してスッタモンダしたんですが、今日、納入されました。

ちょうどお施主さまもおみえになり、実物のサッシをご覧になり 「大きいねー」 と、ちょっと驚いてみえました。
そうです、大きいサッシはW3000xH2700あります。


ちょうど梅雨時で外部の作業がなかなか思うように進まないですが、屋根防水やサッシ、ガラスなどを納めて、早く内部の作業に移りたいところです。
by tajimbo | 2009-07-08 18:37 | 岡崎の家

1,000という数

a0049695_11191498.jpgついに、今回で1,000記事達成です!

パチパチパチ!

自分で自分を褒めたいと思います。

よくやった。



このブログを何気なくはじめたのが2005年の10月。
かれこれ、4年近くになります。

毎日更新を目指しだしたのが、2007年の8月。(厳密に言うと1年のうち1日ぐらい書けてない日が・・・。)
毎日更新も2年近くになります。

1,000回というと、毎日1回の更新で3年近くの年月です。

3年というとぼちぼち卒業でしょうか。

卒業できるほど、成長したのか?何かプラスになったのか?

まあ、いろいろと思うところはありますが、第一目標の 「継続」 ができたことが収穫です。

世の中、何が一番難しいかと言えば、「継続」 じゃないかと思うんです。

単発で、ラッキーで、棚ボタで、何かを手に入れることができたとしても、それは永くは続かない。

たまには手を抜いて、体裁をつくろって、努力したように見せても、自分自身が寂しいような気がします。


コツコツと築き上げた上に、見たことのない景色が広がっていると思いたい。


そして、継続し続けている人には、後発の人は絶対に追いつけない。

後発の人は、先人よりも大きなエネルギーで同じように継続しないと、絶対にかなわない。

「継続は力なり」 です。


単にブログを更新し続けることが何かの 「力」 になっているのか、と言われそうですが、「1,000回書いた」 というだけのことでも自信になります。

ボク自身、何かを、意識しながら1,000回継続したことがないので、初めての体験で、初めての達成なのです。

こんなマイナーなブログを見てくださるマニアな方々がいること、コメントを寄せてくれる方々がいることが継続する上でのモチベーションになっていることも大きいです。

継続できたのはマニアな方々のおかげです、ありがとうございます!


モチベーションが維持できなくなったら継続を断念するということで、これからもできる限り続けてみようと思います。

今後もコメント大歓迎!

何だか恥ずかしいなと思っているアナタ。

イキヌキにコメント書いてみてください、新しい出会いとコミュニケーションがあるかも、です。

みなさん、これからもよろしくお願いいたします。
by tajimbo | 2009-07-07 11:07 | その他

新しいこと

もう7月ですね。
今年も半分が過ぎました、早いものです・・・。

今日の夕方、会合の同期のNくんが仕事で栄まで来てたとかで、うちの事務所に寄ってくれました。

なんだかんだで2時間ぐらい話し込んでしまいました。
今まで話し込むなんてことは同業者ばかりでしたので、全くの別業種の人と話をするといろいろと楽しいです。

昨日のちゃんこと言い、今日のNくんと言い、新しく踏み出した方面での、今までにない新しいことが少しずつ動き出したような感じで、新鮮です。

新しいことを始めると頭の中もリフレッシュされるというか、新たな刺激があるというか、とにかく楽しい感じです。

今日はもう一つ新しいことがあって、さらに新鮮でした。


自分の殻に閉じこもるのではなく、新しい世界を見るのは楽しいものです。
by tajimbo | 2009-07-06 23:52 | その他

玉ノ井部屋とちゃんこ

今日は朝の7:30から、春日井市の勝川に宿舎を構えている、大相撲の玉ノ井部屋の稽古風景を見学させてもらいました。
7月は名古屋場所なのです。

実はボクが同期会会長を務めている会合の同期に、元・玉ノ井部屋力士のKくんがいるのです。
Kくんの計らいで、通常は後援会の人たちしか入れない土俵際で、ボクら同期は稽古を見学させてもらうことができたのです。

a0049695_14182574.jpgほんと、ガチンコです。

ガツンっと頭と頭がガチ合う音が幾度となく響き、力士の人たちも頭や額から血がしたたり落ちていました。

見るからに厳しい稽古でした。
強い先輩と取組みさせてもらえるのが自分にとっては最高の練習なんでしょうか、我先にと手を挙げてガチンコしていました。
自分をいじめ抜いて、這い上がった先に強さを手に入れるのでしょうね。
こちらも、真剣に見入ってしまいました。

a0049695_14333471.jpg厳しい稽古の後、土俵際で同期のメンバーと力士の人たちと記念撮影。

お疲れのところ、気軽に写真撮影を許可していただき、ありがとうございました。

a0049695_14355317.jpgその後は、玉ノ井部屋特製ちゃんこも頂いてしまいました。
玉ノ井部屋のちゃんこは、いつかのTV番組で 「部屋別対抗ちゃんこ対決」 で優勝した味だそうです。

一口食べて、みんなが、『めちゃめちゃ、うまい!!』、の連呼でした。
確かに、うまい。ちゃんこってこんなにうまいの?と言うぐらい、うまい。
みんながみんな、おかわりまでしてしまいました。

写真の正面の水色のシャツをきた方が、元大関・栃東(とちあずま)親方です。

Kくんから親方に無理を言って、今回の見学とちゃんこをいただいたのです。

親方、Kくん、貴重な体験をありがとうございました。
by tajimbo | 2009-07-05 14:46 | うち

自給自足

a0049695_23262023.jpgうちの野菜たちがたくさん育ちました。

ナス、シシトウ、トマト、ピーマン、エンドウ。

少しだけ、自給自足。

その他にも増殖中。

自分たちで育てると、なんだか嬉しい。


a0049695_2328325.jpgと、いうことは自分たちで火をおこして食べました。
そう、またまた七輪です。

採れた野菜とシーフード。

今日は大アサリとホタテを買いました。
エビちゃんもね。

いやー、癖になるわ。
by tajimbo | 2009-07-04 23:33 | うち

写真

「岡崎の家」 の写真を整理していたら面白い写真を見つけたので、今日は趣きを変えて。
a0049695_22362323.jpg
↑これ、先日、タイル工場へ見学へ行った時に撮影したもの。

焼かれたタイルの山。
廃棄前のもの。

a0049695_2240118.jpg
モノトーンにすると、なんだか画が問いかけてくる感じがします。
by tajimbo | 2009-07-03 22:41 | 岡崎の家