ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

2010年 04月 27日 ( 1 )

Eマンションの修繕委員会へ

今日は西区のEマンションの修繕委員会へ出席してきました。

32戸の小規模なマンションですが、入居者の方々6名程度の修繕委員会を立ち上げられています。

昨年ぐらいからの懸案事項であった排水管の更生工事に関して、どういう流れで、どういった工事が必要で、どういった対応が必要かなど、更生工事を行うにあたっての基本的な部分をご説明しました。

ちなみに排水管の更生工事とは、つまりや錆が発生している金属の排水管の内部を研磨材を投入して研磨したあとに、樹脂系の塗料を流しこんで排水管の内部に新たな樹脂管を形成するような工事です。
a0049695_23311552.jpg古いマンションでは、主要な排水管は鋳鉄管や亜鉛メッキ鋼管などの金属製が多いため、経年で錆が発生し、錆のコブができてくるとそこにさらに汚れが付着して管が狭くなり、詰まりやすくなります。

←錆や汚れでつまりつつある排水管の例。





今日の話し合いで、6月に臨時総会を開催して更生工事についての議決をすることになり、その工事発注に関して、設計監理者としてアーキストリンクを正式に採用するかどうかも決定していただくことになりました。

今日の修繕委員会の方々からは「田嶋さんにぜひ入ってもらいたい」と言われたのですが、こういった決め事は総会などでの賛成多数で決定していただかないといけないので、今のところ、本決まりではないのです。
by tajimbo | 2010-04-27 23:39 | Eマンション排水管更生