ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

2010年 04月 10日 ( 1 )

無垢材メーカー見学

先日の「秋野不矩(あきのふく)美術館」の見学のつづき。

美術館を見学し、昼食では浜松だけに鰻(うなぎ)を堪能した後、第二の目的地である、フローリングや無垢材メーカーの「マルホン」のショールームに行きました。

マルホン

ここは、マルホンが扱っているフローリングや羽目板(はめいた)などの木材が全て展示してあり、フローリングは実際に1畳程度の大きさで実物が張ってある所に、靴を脱いで肌触りが確かめられるように展示してある大きなショールームがあります。

a0049695_2152560.jpgボクは、採用候補のフローリングは必ず60㎝~90㎝程度の長めのサンプルを依頼して実物を確かめますが、ここでは1畳程度の大きさに張ってあるので、色のばらつき、材の巾の感じや肌触りなどをいろんな樹種で確認できるので便利です。

名古屋にもあるといいのですが・・。




10年ぐらい前でしょうか、ボクの親父がまだ生きていた時に、親父がこのマルホンの展示会だか即売会だかに参加して、チーク材や他の材のフローリングを突然仕入れてきたことがありました。

チークに至っては、なかなか採用する物件が無かったのもあり、今でも15坪分ぐらいが正栄工務店の倉庫に眠っています。

今はどんな材料も質のいい材料が減ってきているので、10年前のチーク材のフローリングは今のものよりも材質がいいんじゃないかな。

誰か、チーク材を使いたいお施主さんが来ないかな・・。
by tajimbo | 2010-04-10 22:03 | 建材情報