ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

2009年 12月 08日 ( 1 )

元請や発注者

今日、とある物件の工事絡みで、道路で埋設配管工事を行っているというN●Tの子会社の担当者と連絡先をお聞きしたので、問い合わせをしました。

今、道路を掘り返して埋設工事を行っている最中のようで、いつまでその工事が続くのか、道路の横でこちらが想定している工事を行うのに何か支障があるのかなどを問い合わせたかったのですが、その担当者は、

「いや、うちは発注者なのでその辺のことはわからないので、詳しいことは施工会社の●●に直接電話してください。電話番号は・・・・」

なんて言い出しました。


イヤイヤ、本来は発注者が最終責任者なんですから、たらい回しのような無責任なこと言わんで下さいよ、と思いながらも、実際の細かいことは施工会社の方しかわからないのも確かだし。

でもせめて、詳しいことは施工会社に聞かないとわからないので、担当者から連絡させます、ぐらいの事を言えばいいものを、問い合わせしてきた人間に、さらに他の電話番号を教えて、そちらに連絡してくれとはどうなのよ?という対応でした。

このような対応って普通なのかな?

発注者や元請けって、本来、責任ある立場なんですけど。


まあ、単にその対応をした担当者の資質の問題だとは思いますが、どんな仕事も相手があってのサービス業ですから、対応は相手のことを思いながらしないといけないなーと教えてもらいました。
by tajimbo | 2009-12-08 23:07 | 建築