ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

2009年 07月 29日 ( 1 )

リサイクル乾電池

今日の夜の帰り道、NHKラジオのニュースを聞いていると(00分台のNHKニュースは良く聞きます)、「リサイクル乾電池」 の話題を報道していました。

→ 「リサイクル乾電池」

使い捨てカメラ(いわゆる写ルンですね)のフラッシュ用に内蔵されている「新品」のアルカリ単三電池を、ユーザーが現像に出した後にカメラを分解して取り出したもので、その時点でも電池の残量が99~85%も残っているそうです。

そのまま産業廃棄物として処分されていたものを、障害者の方の授産施設で電池の残量をチェックして95%以上の残量のあるものを 「リサイクル乾電池」 として再度販売しているそうです。

「モッタイナイ」 の精神ですね。
素晴らしいことだと思います。

このリサイクル乾電池の販売で、授産施設の方々の賃金も少しは多くなっているそうです。



家庭や仕事場にある時計、リモコン、ワイヤレスマウス、ちょっとしたゲーム機などの電池は、95%も残量があれば新品同様として十分に使えます。
85%でも問題なく、使えばいいとも思います。

捨てるぐらいなら、使えるものを支障がない範囲では使う、という意識が大切ですね。

「リサイクル乾電池」 売っているのを見たら買おうっと。
by tajimbo | 2009-07-29 23:46 | その他