ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

2009年 07月 14日 ( 1 )

INAXへ

a0049695_1712781.jpg午前中、栄のINAXのショールームへ行き 「岡崎の家」 で採用できそうなタイルがないかを見てきました。

カタログで見ていても質感まではわからないので、実際に現物を見るのが早いのです。

ショールームの女性と一緒にカタログを手に、現物を見ながら、このタイルとこのタイルと・・・とサンプルを頂いてきました。


タイルのサンプルを頂いた後、設備機器のコーナーへも足を運び、新製品などを見て回りました。
a0049695_1771723.jpg すると、異様な黒い便器が。

新製品の 『REGIO(レジオ)』 だそうです。

「おもてなしの心やくつろぎ感を極めた」 そうで、「その風格は、もはやトイレの域を超え上質なリビングファニチャー」 だそうです。

うーん、さすがにリビングには無理だなー。


ツヤ有りホワイトとツヤ無しブラックの2タイプしかない高級路線の製品です。
要らないと言っても標準仕様で付いてくるのですが、ジャズピアニストが演奏するREGIOオリジナルサウンドが便器から流れます。

a0049695_17165257.jpgリモコンで蓋や便座をOPENにすると、おお、便器の中はまっ白でした。

このブラックの便器のセットが 定価530,000円也。
おなじ機能でもホワイトが 定価440,000円。
便器をツヤ無しブラックにするのが技術的に難しいのかな?
ブラックを選択するだけで 90,000円のアップです。


まあ、一般住宅ではまず採用されないでしょうね。

高級なホテルや店舗で採用するのでしょうか。
by tajimbo | 2009-07-14 17:26 | 建材情報