ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

2009年 01月 07日 ( 1 )

グローエ

a0049695_0475483.jpgこれは 「長久手の家」 の洗面所で実際に採用したグローエの2ハンドル混合栓。


a0049695_0482532.jpgこちらは 「春日井の家」 の洗面所で実際に採用したTOTOのシングルレバー混合栓。









「長久手の家」 以降、予算に余裕がある場合は、グローエをお勧めしています。

グローエの水栓金具は、TOTOなどの国内メーカーと比較するとやはり高価であるため、予算的に厳しくて断念することもありますが、使い勝手は非常に良いです。

「長久手の家」 で実際に触ってみて感じることは、まず、レバーやハンドルの動きが非常に滑らかで「遊び」がなく、グローエ社自身が自信を持ってPRしている、「SilkMove」(シルクのような動き)はまさにその通り、です。

スッっと、小さな動きで的確にハンドルが動く感じです。
このあたりは、実際に触れてみて、体感しないとわからないとは思います。

比較すると、TOTOの製品は、レバーに 「遊び」 があり、グローエと比較してしまうと動き出しがカクッとする感じです。
(TOTOの製品が悪いということではなく、グローエの製品がTOTOよりももっと優れているという感覚です)

クロームの輝きも、グローエの方が深みがあるようです。





a0049695_116830.gifちなみに、こちらはキッチン用シングルレバー水栓で、人気のK4です。

デザイン的には非常に魅力的なデザインです。
「長久手の家」でも、「岡崎の家」 でも採用を検討しましたが、見送りました。

なぜか?

それは、デカイ、のです。

写真ではすごくいいんですが、実物を見ると、デカっ!と思ってしまいます。

キッチンがL=2700程度、シンクも大きめのものであればちょうど良いかもしれませんが、ちょっと大きい気がします。


このあたりは個人の好みにもよりますが、実物で確認することをお勧めします。


名古屋では、グローエのショールームは金山と熱田にあります。
by tajimbo | 2009-01-07 23:59 | 建材情報