ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

2008年 10月 07日 ( 1 )

営業マン

とある商社の営業マンが事務所に来ました。

その営業マンは以前からちょっと無礼な人で、突然やってくることが多く、こちらが打ち合わせに出かけないといけなくてバタバタとしていても、「5分でも・・・」 といいながら、のらりくらりと話をして5分以上話しをするなんてこともある人なんです。


基本的に、ボクは時間が許す限り営業マンと話をします。

ボクが知らない情報、知らない建材を教えてくれる可能性があるからです。
実は、カタログには載っていない生の情報、現場の情報を聞くことが目的でもあります。

当然ながら、カタログには良いことしか書いてありません。

また、現場を経験していない営業マン(現場あがりの営業マンは親近感を覚えるんです。)の話しは半分信用していません。

売らんが為の営業は基本的に嫌いなんです。



上記の営業マンも、設計中の物件で、ある材料を採用しようかを検討中の段階でサンプルを依頼したのですが、

「どこの物件ですか?いつごろ着工ですか?どれくらいの量を使われる予定ですか?・・・」

と自分の都合ばかり聞いてきます。

営業マンなんで、仕事につながりそうな物件を追いかけるのは当然ですが、あなたの都合で着工するわけでもないし、量を決めるわけでもないのです。

もう少し、相手の都合も考慮してほしいものですね。
これもまた、反面教師です。
by tajimbo | 2008-10-07 23:59 | 仕事