ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

2008年 09月 12日 ( 1 )

生の情報

生の情報_a0049695_213449.jpgなんじゃ、これは?

深夜の放送終了後のカラーバーではありません。


生の情報_a0049695_2172338.jpgアクリル板のカラーサンプルです。

透明から不透明まで、いろいろなカラーがあります。

今回、「長久手の家」 でちょっとお遊び的に使用します。




実は、アクリル板って、色によってはガラスよりもうーんと高価なのです。

ポリカ(ポリカーボネード)板はもっと高いですが。


先日建具屋さんが、ガラスだと小さい子供さんが割るといけないからと、アクリルをガラスの代わりに入れた建具を作ったら、真夏の室温で有り得ないぐらいに曲がってしまって、全部取り換えたという失敗談を話してくれました。

確かに、アクリルはガラスやポリカに比べたら熱には強くないですが、室温で曲がるなんて・・・。

曲がった原因の一つとして、ガラスに代わってアクリルを入れる溝に、目いっぱいきつい寸法でアクリル板を入れたそうです。
ガラスなどの場合、少しゆるめのサイズを溝に入れた後、コーキングなどで押さえるのですが、そのアクリル板はコーキングを打たなくてもいいように納めようと、ガタつきのない目いっぱいのキツさで入れたところ、室温にしろ、暑さで板が多少伸びたんですね。
伸びの逃げ場がなくて、板が3次元的に膨らんで曲がってしまったそうです・・。

建具屋さんも、あんなの初めて見た、と言ってました。


笑い話ですが、みんないろんな失敗をしながら学んでいくんですね。

そういった失敗談も、ボクらにとっては貴重な情報です。

アクリル板はきつめに入れるべからず、です。
by tajimbo | 2008-09-12 23:58 | 建材情報