ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

2008年 02月 05日 ( 1 )

床暖房とフローリング

a0049695_2346506.jpgまだまだ寒い日が続いています。

うちでは床暖房が活躍中。

やはり冬場はフローリングの隙間が出てきます。
写真は、一番隙間があいている部分です。
1.5mmぐらでしょうか。
ちなみに、隙間の底に黒くポツポツと見えるのは、フローリング用の釘頭です。

床暖房対応の無垢のチェリーのフローリングですが、多少は収縮します。
床暖房対応のフローリングでも、この程度は隙間があく部分もあります。
逆に、夏場はこれほど隙間はあきません。
冬場よりは伸びているということですね。

フローリングの施工で、冬場の隙間を嫌って、板と板とをカツカツに叩いてぴったりと合わせることをすると、夏場や梅雨時に板が伸びて逃げ場を失い、山型に板が盛り上がります。

ボク自身は、この程度の隙間は気になりませんが、中には隙間が気になる人もいます。

ボクの設計では、無垢フローリングで床暖房の組み合わせが多いので、この程度の隙間はご了解ねがいます。
by tajimbo | 2008-02-05 23:46