ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

2007年 10月 01日 ( 1 )

建築業界は・・・2

先日も国土交通省の統計で 「建築着工統計」 の8月分が発表されましたね。

建築物全体での新規着工面積が、前年同月比42.1%減。
(その前の7月分が、同22.7%減)

県別では、愛知県が建築物全体で▲52.4%。
岐阜は▲49.2%、三重にいたっては▲64.4%。

簡単に言うと、この東海地区では、新規着工の物件が、半分以下になったと言うこと。


とにかく、「確認申請」 という手続きが建築にかかわる人間の首を絞めています。

お施主さんが支払う確認申請料も2倍になったし、構造設計事務所の構造設計料も1.5倍~2倍程度にはなりそうだし。ということは設計料も上がりますよね。

着工が半減しているということのとばっちりは、まずは土工事の業者や基礎の業者に来ますね。


構造設計事務所では、今までの安い設計料では莫大な責任は負えない、負いたくないとの思いもあるようで、年配の設計者の方は廃業しちゃうとか、今回導入された第三者による構造チェック(ピアチェック)のチェックする方にまわっちゃうとか。
(ピアチェックの料金は時給換算で、実際の設計事務所での時給に比べるとベラボウに良いです。)

構造設計を続ける人のところには、そういった人たちが担ってきた物件がなだれ込んでいるようで、毎日夜中の3時とか4時らしいです。毎日。
20代ならまだしも、40代で夜中まで毎日働くのは・・・厳しいですよね。


そんな状況では、新たなミスも出かねない。


まだまだ建築業界の混乱と厳しさは続きますね。
by tajimbo | 2007-10-01 19:07 | 建築