ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

マイナーチェンジの機会に思うこと

a0049695_19103966.jpgボクのiPhoneが、マイナーチェンジしました。

外見上は何も変わってませんが、上面のガラスが交換されました。

ガラス自体には何の問題もなかったのですが、どうやら、ガラスの中の画面中央にポツンと(0.5mmぐらい?)白いホコリが入ったようなのです。

ガラスの中にホコリがあるので、当然、拭いても拭いても取れません。

そして、画面の中央なので、気になる。



そもそも、画面の中央にホコリを入れようと思って入れられるものでもないだろうから、無償修理してもらえるだろうと思い、昨日、ソフトバンクの携帯ショップに持ち込んだら、無償修理を拒否されました・・・。

そこで今日、栄のアップルストアへ直接持ち込んでみたところ、同じような対応。

アップルやソフトバンクが言うには、ガラスの中にホコリが入る可能性はゼロではないので、使用しているうちにホコリが入ったのは使用上の問題だということだそうで。

そんな、ホコリを入れようと思って入れるわけないじゃん、いたって普通の使い方しかしてないよ、というやり取りをしていると、挙句の果てには、「使うに支障があるわけではないですよね」って冷ややかな対応。

そうだけどサ・・・。

何だか腑に落ちないでいると、

「本来は無償修理の対象ではないのですが、修理規定の 『拡大解釈』 で、今回は無償でガラスを交換してホコリを取り除きます」 ということに。

うーん、なんだかクレーマーみたいだな。

結局はホコリを取り除いてもらってガラスが新品になったのですが(たぶん、ガラスは一度はずすと使い物にならなくなる構造なんでしょうね)、何だか気分が良くないなあ。


結果として無償で修理をしてもらったのですが、たぶんボクは今後アップルの製品は買わないと思います。



アップルやソフトバンクの店員さんの対応は規定に則ったもので、間違いではないのでしょう。

でも、『拡大解釈』 という言葉も、仕方なく、という後ろ向きな状況で使うのではなく、

前向きに、「拡大解釈して、何とか無償で修理しますよ!」 と言えれば、ボクは心から感謝できるのに。



お客さまへの小さな対応、一つの言葉使いで、感謝されるのか、二度とご縁がなくなるのかは紙一重ですね。

自分自身はそのような対応をしないように、細かな心配りができるようにしないといけないな、と教えてただきました。

感謝です。
by tajimbo | 2009-05-18 20:19 | その他
<< 構造体 価格.com >>