ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

赤霧島と言えば

赤霧島といえば、昨年の年末に、以前勤めていた設計事務所のOBが集まる忘年会で、同じ春日井で近所に住む先輩の 「こうJIN」 さんと3次会としてJR春日井駅の前の飲み屋さんに行った時のこと。

20代前半ぐらいのお店のお姉さんと、同じような年代のお客さんがカラオケを熱唱して、若いのがワーワーと騒いでいるお店だったのですが(正直、1杯だけ飲んで帰りたいぐらいのお店)、なぜか限定発売で大量には手に入りにくいはずの赤霧島をボトルで入れられるという、訳のわからないお店だったのです。

定価は1,200円程度の焼酎が、確か3,500円ぐらい。
二度と行きたいとは思わないようなお店でしたが、ボクも先輩も酔っ払いでしたのでなぜか赤霧島をボトルで入れてしまいました。

名前を 『たじ・こう』 として、どちらがきても飲めるように。



結局、ボクはその後も行かずでしたが、しばらくしたらこうJINさんは別の友人とそのお店に行ったらしいのです。
その時に 『たじ・こう』 の赤霧島は飲み干したらしく、「でも、新しいボトルをちゃんと入れておいたよ」 と言ってました。


それからまたしばらくして、こうJINさんとそのお店に行く羽目になりました。

新しい赤霧島のボトルかと思いきや、「鏡月グリーン」 でした・・。

限定の赤霧島を飲み干して、代わりは お安い 「鏡月グリーン」 です・・。

たぶん、新しくボトルを入れた時はもう赤霧島の在庫がなかったんだと思いますが、なおさら、このお店に行く理由がなくなりました。
by tajimbo | 2009-03-28 23:08 | その他
<< サクラ 赤霧島 >>