ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

有効利用

設計を進めていると、カタログやらサンプルやらが山のように溜まってきます。

初めて使う材料や新製品、新色のものなどは、当然、現物を確認したくなります。

ただ、設計が終わると、それらはどうしてもゴミとなってしまうことのほうが多いのが悩みです。

毎回、何とか、ゴミにせずに使えないかな、とは思うのですが・・・。



先日も、穴あきブロックのサンプルを取り寄せたのですが、「鉛筆立て」 にでもしようかな。
でも、ちょっと大きいんだよね。

a0049695_2036956.jpg右側が今回お取り寄せした穴あきブロックのサンプル。

左手は、14年ほど前の設計事務所の新入社員のときに、「押出成型(おしだしせいけい)セメント板」 のサンプルで作った鉛筆立て。

退社したときにも持ってきて、そのまま、ずーっと使ってます。


サンプルは、2つの穴が貫通しているのですが、模型制作用のスチレンボードを底板として少し透かして当てがい、そのスリットに赤いテープを入れ込んであるんです。

1年目は、設計というよりもCADオペレータとしてしこしこと図面を描いてただけでして、自分の意思を入れて作れるものがこんなものぐらいしか無かったからなのか、結構気に入っているんです。

やっぱり、自分の意思を入れたものをつくると、どんなものでも愛着がわくもんです。
by tajimbo | 2008-11-28 20:49 | 仕事
<< 長久手の家 申請先 >>