ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

いいもの

a0049695_2255492.jpg

今日は、「味鋺の家」 のお施主さん、正確にはお施主さんの娘さんご夫婦(K子さんとH夫さん)をお誘いして、私のお気に入りのお店にご招待しました。

このご夫婦とはメールのやり取り、ケンケンガクガクな議論をこれでもかと言うぐらい重ねてきて、完成・引越しが完了したのを機に、気軽に飲みましょうと言うことで。

おいしい料理とおいしいお酒を飲みながら、ざっくばらんに設計のこと、工事のこと、いろんなことをお話して、たのしいひと時を過ごすことができました。


実は、特に宣伝してないですけど、この 「味鋺の家」 はものすごく 「いい家」 なんですよ。
自分で言うのも何なんですけど。
構造体の造りから、断熱、遮熱、味わいのあるお風呂まで。
奇をてらったり、今風の白くてキュービックな建物ではなく、一見、普通の和調の家なんですけどね。


やっぱり、「設計者が基礎の養生のために散水してくれる」なんて、まずないよ、と。
わかる人にはわかるだろうけど、宣伝・PRがヘタクソだと、「マーケティング部長」 のH夫さんに言われました。

うん、そうだと思います。

でも、それでいいんです。わかる人にわかってもらえれば。
宣伝・PRがうまくて仕事がいっぱい来ても、キャパシティオーバーになって品質が落ちるよりは。


今回の 「味鋺の家」 は一筋縄ではいかなくて、若ゾーの私は必死になってやってましたけど、いい経験させていただいたこと、設計者としても施工者としても最高の評価をいただいたことが何よりの宝です。


お金も大事、時間も大事、生活も大事。
だけど、それ以外にも大切なもの、モノでは測れないものってありますよね。
それを手にできた建築でした。
by tajimbo | 2007-05-02 23:33 | 建築
<< よう作らん 皆さまへ >>