ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

犬山新庁舎

2007年、「各務原の家」の現場へ行く途中、毎回、犬山市役所の前を通っていました。

昨日、久しぶりに「各務原の家」へお伺いした時も犬山市役所の前を通ると、新庁舎がほぼ完成していました。

a0049695_324226.jpg


大手設計事務所の久米設計の設計監理です。
30億円以上かけて建設された、免震構造の地下1階・地上7階の新庁舎です。

和風なイメージの外観で、屋上には太陽光発電のパネルを設置し、さらには地熱利用の空調や氷蓄熱空調などの省エネルギーシステムを採用しているそうです。

まだ外構工事が終わっていなくて近くまで近寄れなかったので、外観だけパチリと写真を撮って退散してきました。



設計事務所時代は20,000m2ぐらいのビルまでは設計に携わる機会があったのですが、10年以上、こういったビルの設計はご無沙汰です。

今のビルは特に環境面に配慮した設計を重視されるようになってきているでしょうし、空調や電気設備のトレンドも10年前からは随分と進化していると思います。

もう流れにはついていけないかなー。
そもそも、こういった大規模物件には縁が無くなりましたけどね。
by tajimbo | 2010-05-30 23:59 | 建築
<< フィルター交換 補修工事へ >>