ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

外構の列柱

昨日の午後のことですが、Sマンションの打ち合わせの後 「長久手の家」 へ寄りました。

3月ごろから打ち合わせを行い、工事を進めていた外構の工事が先日完了したためです。
a0049695_482262.jpg

建物の完成当時に施工した、ポストや表札、インターホン、門灯がセットになった一番左のコンクリート打放し門柱と同じデザインの連続で、15cmx15cmのコンクリート打放しの列柱を15cmの隙間を空けて並べるデザインとしました。

建物の外観の形や外壁のシルバーのガルバリウム、コンクリートの打放しなどから、外構の塀もクールで堅いイメージでデザインしました。

列柱の手前の砂利敷きの部分は、来客時の駐車スペースです。


a0049695_48509.jpg

上の写真が外構のコンクリート列柱を施工する前です。
今まで外構にほとんど手を加えていなかったのですが、道路際があまりにもオープンで、道路を歩いている人からのリビングやダイニングへの視線が気になることなどもあり、建物との間に「境界線」を意識させる塀を作ろうということで進めていきました。

かといって完全に遮断したような塀ではなく、内外からの視線や風も通しつつ目隠しにもなるような塀となるように、今回のような「開口率」50%の列柱にしました。


この後は、最近有名になった?川島さんに植栽の工事をしてもらう予定です。
by tajimbo | 2010-05-10 23:59 | 長久手の家
<< ボクの廻りの職人さん 大規模修繕工事に向けての中間報告 >>