ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

ディテール

a0049695_4303763.jpg先日、とある住宅を見学させていただいたのですが、その住宅での引戸上部のディテール(細部)。

壁の中に引き込まれる引戸ですが、上部の建具枠に細いスリットがあり、そこに建具の上面に取り付けられたステンレスのL型アングルが差し込まれていて、建具がスリットに沿って動くようになっています。


a0049695_431427.jpgごく一般のディテールでは、上部の建具枠のスリット幅は21mmで、建具の上面自体が細めに切りかかれてスリットの中を動くのでL型アングルは必要ないのですが、木製引戸の上部にL型アングルを取り付けるというひと手間を加えることで、スリットを細くでき、見た目もスッキリ、シンプルにしています。



ひと手間加えていることでコストは一般のディテールよりもアップしますが、こういったディテールも、スッキリさせることを目的にするのであればアリですね。

ただ、納まり上、建具の端部(手前)まではL型アングルは必要ないので、あと5cm奥でアングルを終わらせておけば、見上げたときにシルバーのアングルが見えずになおGoodですね。
by tajimbo | 2010-05-03 23:59 | 建築
<< 住宅模型 プチOB会 >>