ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

悪徳?リフォーム

先週から北区のマンションで給水管の改修工事中。
共用部の給水管の一部は新しくし、他は既存の管を活かしながら管の内部を樹脂でコーティングします。
a0049695_17534128.jpg




現場に行って作業を確認していると、セールスマンらしき人物が住戸の玄関前でインターホンを押してました。

何だか怪しいなーと思い、声をかけたところ、リフォームのセールスだそうです。

なおさら怪しくて、名刺もらえる?と訪ねると、ない、と言う。
セールスに来て名刺がないなんて…あり得ん…。

おたくの会社名は?

「日本ファ○ドです」

へ?金融会社かい?

電話番号教えてもらえる?

教えられた番号にその場でかけるとNTTにつながるし…。


共用部の工事に便乗した(多分、悪徳)リフォーム屋です。

「工事の者ですが…」と言って、今やっている工事の関係者っぽく名乗り、「今なら、ついでに工事すればお安くできます」なんて言ってボッタくるんです。


二度と来るな!と怒鳴ってやりました。
by tajimbo | 2012-09-28 17:37 | マンション

長屋の耐震改修

a0049695_2153164.jpg

岡崎市の商店街にある築62年の古い長屋。

もともと魚屋さんを経営していたお施主さまが、息子さんの住居にできないか、とのことです。

元は長屋なので奥に長ーい「ウナギの寝床」。

でも、新築当時、宮大工に建ててもらったとのことで、柱や梁は立派なイイ材料が使われ、今では年季の入ったイイ色になっています。
また、造作などの職人仕事もイイ仕事がしてあります。

お施主さまが建物を残して使い続けたい、というのがわかります。

ただ、両サイドはお隣さんとの隙間はほとんどなく、外壁の仕事や耐震絡みの仕事も外部からはできません。

正面の間口方向には耐震壁がまったくないし、基礎も鉄筋のない無筋コンクリートだろうし、そもそも石の上に土台が乗せてある石場建てだろうし…いろんな意味で難しい建物です。

正直、ほとんどに手を加えると、新築と同じだけまたはそれ以上にお金がかかります。

既存建物の再生は、いろんなことをクリアしていかないといけないので、新築よりも大変です。
by tajimbo | 2012-09-23 21:20 | 仕事

給水管の改修

築26年の北区のマンション。
今週から給水管の改修工事が始まりました。

今日は外部足場の架設です。

外部の給水本管を新品に更新します。
a0049695_117471.jpg

by tajimbo | 2012-09-21 11:02 | マンション

仕事道具

いつも使う仕事道具が壊れてしまい、急遽、新調しました、コンベックス(スケール、メジャー)。

a0049695_15184524.jpg


いつもの、「tajima」ネーム入り。

現場監督時代に、足場の上からお隣さんに落としてド叱られた経験から、必ずベルトにホルダーを通してカチャッとやるタイプじゃないとダメ。

このコンベックスはメモリが両面に描かれてるものGood。
んで、5.5mのタイプで一番コンパクトなヤツ。

同じタイプを3代くらい使ってます。

人それぞれですが、プロは道具もきちんとこだわらないと、ね。
by tajimbo | 2012-09-11 12:53 | 仕事

外壁タイルの不具合

今日の午後は安城のマンション。

足場の架設が終わり、外壁のタイル面や塗装面の下地から補修の必要な箇所の全数チェック。

計画時にも外壁面の調査をしていますが、その時は共用廊下やバルコニーから手の届く範囲だけで、全体を詳細に調査はできません。

そこで、工事に入ってから足場が掛かった状態で全数チェックを行います。


a0049695_17243436.jpg

グリーンのテープで囲ってある部分は、下地であるコンクリートへの接着不良で、叩けばバラバラとタイルが剥落してしまうほどの不具合部分。
この部分は、一度既存のタイルを剥がして、下地をきちんと補修してから新しいタイルで貼り直しです。

ブルーのテープで囲ってある部分は、目地部分に小さな穴を明けて、タイルの裏側に接着剤を注入して剥落を防止する部分。


チェックしてみたら…想定以上に下地の状態が悪い箇所が多い…。

頭イタイな…。
by tajimbo | 2012-09-10 17:04 | マンション

なんでも屋さん

ずーっとお世話になっている中区のマンション。

集合郵便受けのカギの交換工事を依頼され、その交換。

a0049695_22205366.jpg


現在の集合郵便受けでは見られない、スチール+ステンレス製の引出し式の郵便受けです。

当時も特注です。

この郵便受けは入居者さまには評判で、数年前にエントランスの改修工事を行った時にもこのポストは残したいというご要望が多くあり、ポスト本体はそのままに、ポストの周りを家具調にして雰囲気を代え、築40年ほどですが現役です。




アーキストリンクは一応、メイン業務は設計のつもりですが、最近はいろんなご依頼が多くて、建築の 「なんでも屋さん」 になってます。

設計事務所だから設計しかやらない、というまっとうなご意見もありますが、目の前でお客さまが 「どこに頼んだらいいかわからない」 とお困りであれば、やるべきだと思うんです。

たまたま工務店の経験や人脈があるんだから。
by tajimbo | 2012-09-05 22:46 | 仕事