ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

<   2009年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

追い込み

今日も 「岡崎の家」 の現場へ。

いろんな職人さんが入っています。
11月中旬の引き渡しに向けて、ラストスパートの追い込みです。

a0049695_2221530.jpg外構工事ではアプローチの土間コンクリートが打設されています。
この上に、コンクリート製の大型デザイン平板を敷き並べます。

一部に穴あきブロックも設置するので、その基礎コンクリートも今日打設しました。


a0049695_223429.jpg内部では、家具屋さんが書斎の本棚や洗面カウンターなどを取り付けています。

今回、造作家具工事も多いので、設置には3日ぐらいかかりそうです。


a0049695_2253132.jpg最後の最後まで残っている和室の造作を大工さんがやってくれています。

写真は仏間のサクラの框(かまち)。(裏から見たところですが)

着工時に解体した、築80年以上の古家の仏壇框を今回の建物でも使います。


a0049695_2211177.jpgこれは床の間の框。

これも古家のケヤキの框を使います。

表面やサイズを加工し直して使っていますが、いい感じの色です。






古い家を解体して新築する場合、こうやって思い入れのある古家の記憶を新しい家の一部に残すことで、その土地に建ち、先代からその家族たちと共に生きてきた家も、家族と一緒に次の世代に受け継がれるような気がして、なんだか嬉しくなります。
by tajimbo | 2009-10-31 22:21 | 岡崎の家

後付け換気扇

a0049695_323336.jpg大須の事務所の近くのテナントのガラスに取り付けられた換気扇です。

部屋の用途が変わるなどして、今まで以上に換気が必要になった場合などの究極の後付け換気扇。

室内側のひもを引っ張ると、グレーのふたがパカンと上側に開いて換気扇が回る、という原始的な機械です。

わざわざ外壁に換気扇用の穴をあけることもなく、3mm以上のガラスであれば室内側からでも取付可能なんです。
後は近くにコンセントさえ用意できればOKです。

実は、勤めていた設計事務所でもはめ殺しの窓にこれと同じものが取りついていて、当時から、これはこれで、ガラスに穴をあけて後付けできる換気扇なんて良く考えられているなーなんて思っていたんです。

普通、ガラスに後から穴あけして、機械をそのままガラスに取り付けるなんて、なかなか考えないよなーなんて。

共用部となっている外壁に勝手に穴あけができない、テナントビルのテナント用に作られたものなんでしょうかね。
by tajimbo | 2009-10-30 23:58 | 建材情報

ペンタブレット

a0049695_0584542.jpg写真のペンタブレットを試しに使ってみました。

実はペンタブレットなるものは知らなかったのですが、デザイン、グラフィックス関係のクリエイターでは結構使われているようです。

これは、いつも模型材料などを頼んでいる(株)Tooから、デザイン関係の人からは結構、評判がいいので使ってみてはと、試用品をお借りしているのです。

中央の長方形の部分(入力エリア)が実際の画面と対応していて、タブレット用のペンを普段のように持って入力エリア内をすらすらと鉛筆のようになぞると、画面のマウスの矢印がそれに対応して動くというものです。

入力エリアで入力ペンをコツン、コツンとやるとダブルクリックになったりします。
ノートパソコンのタッチパッドみたいな感覚ですね。

左手の丸い輪のような部分が、マウスで言うホイールの機能で、左手の指でくるくるとなぞると画面のスクロールであったり、拡大・縮小であったりができます。

その他のボタンはカスタマイズも可能なショートカットキーです。



手書き感覚でスケッチを描いたり、筆圧を感知することもできるので微妙なかすれ具合を表現できたりと、フォトショップやイラストレーターなどのグラフィックソフト上では確かに便利な気がします。


ただ、CADでは・・・イマイチでした。(ボクの場合ですが)

まず、機器自体がマウスパットよりも大きく(もう一回り小さいものもありますが)、本来なら鉛筆を持つ右手側に置くといいのですが、ホイール部分を左手で操作するので、結局は体の正面に置くことになります。

そうすると、キーボードはこのペンタブレットの向こう側(モニター側)に置く必要があります。

今まで以上にモニターが離れてしまうはまだいいとしても、ボクの場合、CADは特に左手でショートカットを多用するので、いつもキーボード上に左手を乗せて、右手はマウスに、左手はキーボードに固定して作業したいのです。

ペンタブレットの場合、マウスでは手を離さずに右手で操作できるスクロールや画面の拡大・縮小機能を左手で行う必要があり、キーボードのショートカットキーの操作とバッティングしてしまい、左手が忙しくなってしまい、疲れてしまいました。


慣れていないこともあり、非常にストレスを感じてしまったこともありますが(営業さんからは、慣れるために3日間は我慢して使ってみてほしいと言われましたが)、左手のショートカットが多用できないところがイタイですね。

結局、ボクの中では今まで通り、マウスの方がいいという結論に達しました。
by tajimbo | 2009-10-29 23:59 | 仕事

外構工事など

a0049695_010983.jpg今日も 「岡崎の家」 の現場へ。

現場ではアプローチなどの外構工事も進んでいます。

現場で、アプローチのレベル確認を行いました。

アプローチは、建物を一番高いレベルに設定して、雨の時に雨水が建物方向へ流れてこないように外に向かって水勾配を考慮しつつレベルを決めていきます。

当然、道路や隣地とのレベル差も考慮に入れながら、道路から建物までのアプローチを無理なく、上がっていく設定にしています。


a0049695_0164558.jpg内部では、建具屋さんが和室の障子などの建具のための枠の内法寸法を測りに来てくれたので、それらの納まりについても確認しました。

和室の地窓(ヂマド)の外の坪庭も完成しました。


a0049695_0192540.jpgその他、塗装屋さんが1階の壁・天井の吹付けを行っています。

写真は塗装屋さんの靴。

吹付けの塗料を全身に浴びながら、エアーで吹付けているので作業靴がコッテリと塗料で固まっていました。

プロの仕事靴ですね。
by tajimbo | 2009-10-28 23:59 | 岡崎の家

建具屋さんへ

a0049695_728616.jpg今日は 「岡崎の家」 の内部の木製建具の金物の打合せで建具屋さんへ。

木製建具は既製品ではなく全て製作モノ。

ほとんどの建具は出来上がり、あとは金物を待つだけという状態でした。

写真はタモ材の格子戸。
後から透明ガラスを入れます。

シンプルな格子がいいというお施主さまの要望でしたので、特に細かな造作は省いてとにかくシンプルにしました。

タモの無垢材の風合いがいい感じです。
by tajimbo | 2009-10-27 23:56 | 岡崎の家

ブロック積み

今日も 「岡崎の家」 の現場です。

現場ではタイル屋さんや石屋さん、塗装屋さんなどがいろんな作業をしています。

a0049695_10343533.jpg外部では外構工事も進めています。

浴室前の坪庭の植栽工事もほぼ完了したので、坪庭を囲む白い 「穴あきブロック」 も積み上げているところです。

穴あきブロックは、正面からは穴を通じて視線と風が通りますが、正面ではない角度がついた位置から見ると、穴からは見通せないので、通風の確保、視線の遮へいには便利な材料です。


お施主さまも浴室の窓から外の坪庭をご覧になり、浴室の窓のブラインドを下ろさなくてもブロック塀の外から浴室内部が見えないことを確認いただきました。
by tajimbo | 2009-10-26 23:59 | 岡崎の家

フットサル

今日は、会合のメンバーの一人がハマっているようで、他のメンバーにも声をかけ、10数人が集まってフットサル(FUTSAL)をやりました。

a0049695_020247.jpgボクはフットサルは初めての経験でした。

まあ、ボクだけでなく、ほとんどのメンバーがフットサルやサッカー経験者ではないので、単なる 「ボール蹴り」 のようでしたが・・。

倉庫を改修してフットサルコートを2面つくった会場で、床は人工芝が張られ、コートの全周にネットを張り巡らせたハンドボールぐらいのコートです。


オッサンと、メンバーの小学生の子供たちとの混合チームで、ひたすら、ボールの追っかけっこ。

7分間プレーして3分の休憩という何ともナメた試合ですが、ボクのような、普段、運動をやっていない 「肥ったサル」 連中は、ヒーヒー、ゼーゼーです・・。



それでも、ボールを無心に追いかけ、結構、夢中になった2時間でした。

たまには思いっきり走り回るのも、楽しいもんです。

月に1回ぐらいのペースでやろうか、なんて話が出たので、またやりたいですね。
by tajimbo | 2009-10-25 23:59 | その他

丁番

今日は昼一番から、数年前、工務店時代に施工させていただいたクリニックへ。

先生の個室のドアの丁番がガタついてきたと言うことでした。

a0049695_21214315.jpgこのドアはとあるメーカーの住宅用の既製品ドアです。

既製品のドアは、既成の寸法(特寸対応も別途できますが)、ドアデザイン、カラーをカタログから選んで発注すると、ドア枠とドア本体、丁番などの金物の全てがセットになって送られてきます。
それを大工さんが取りつけるだけ、というものです。

そこには建具屋さんの出番がありません。

(ほとんどのハウスメーカーは、建具屋さんが不要、部材のカットも不要、塗装も不要な既製品の建具を使用します。外部のサッシや玄関ドアもサッシメーカーのものを選んで取り付けるだけですので、中には、建具屋さんと付き合いのないメーカーも多いです)



今回は、その既製品ドアの丁番のビスがガタついてきていたのですが、ビスをドライバーで締め直していると、ビスの頭がねじ切れてしまい、取れてしまいました・・。

あちゃー。

ビスの頭がねじ切れると、ビスが効かないし、それ以上締めることも緩めることもできません。



とりあえずドアをはずし、アロンアルファでビスの首にドライバーをくっつけて一体化して回してみたり、ちょこっとだけ首の出ていたビスをペンチで少しずつ回したりしながら、30分以上ビスと格闘して、何とか取れました。

フー。

どうなる事かと思いましたが、何とかなりました。



でも、既製品のドアの丁番ってよく考えられていて、丁番自体にドアの傾きや出たり入ったりの調整ができるようになっているので便利は便利です。

ただ、10年後、20年後に交換が必要な不具合が出た時に、その丁番が部品として存在しているかと言うと解りませんね。
その時は、ドアや枠から取り替えないといけない可能性はあります。
by tajimbo | 2009-10-24 21:47 | 仕事

植栽工事など

今日は午前中から夕方暗くなるまで 「岡崎の家」 の現場監理とお施主さまとの打合せで1日岡崎デーでした。

a0049695_22184687.jpg内部では塗装屋さんが室内の壁、天井の吹き付け工事中です。

廊下を覗くと・・・真っ白な世界。

下吹き、中吹き、上吹きと3回の工程で吹付けを行います。


a0049695_22211557.jpg外部では造園屋さんが植栽・造園工事を進めています。

写真は浴室と和室との前にある坪庭。

300角のコンクリート平板とタマリュウの市松模様も現地でみると結構きれいです。
今日でほぼカタチになりました。


a0049695_2226960.jpgパレットに入っているタマリュウ。


a0049695_2227132.jpgタマリュウの株どうしは根が絡み合っています。

パレットに入ったものをシートのように敷き並べていくのですが、今回のような場合だと、30cm角にハサミでザクザクと切って、敷いていきます。
by tajimbo | 2009-10-23 22:31 | 岡崎の家

ラッキー?アンラッキー?

朝、岡崎へ向かう途中の東名高速で、なぜか7~8センチぐらいはあるようなちょっとゴツイ石が路上に落ちていて、それをガンッっとタイヤで踏んでしまいました。

なんだかいやーな感じがしたのですが、しばらく走るとなんだか異音が・・・

a0049695_2213077.jpg案の定、パンクしてました・・・。

でもある意味ラッキーでした。

今日の朝は涼しかったので、車のエアコンをかけずに窓を少し開けて走っていて、タイヤの方から異音が聞こえてきたのです。
エアコンをかけて窓を閉めていたら気がつくのが遅れて、高速を走りながらタイヤがバーストしてたかもしれません。
そうすると・・・ちょっと怖いですね。


走りながら、なんだかやばいなー、パンクしてそうだなーと思っていたらすぐに三好インターでしたので、一度、高速から下りました。

料金所を出てから路肩へ留めて確認すると、やっぱり。



その場で、エンヤコラとスペアタイヤに替えてもう一度高速へ戻り、ゆっくり岡崎へ。

「岡崎の家」 に行く途中にカー用品店のジェームスがあるので、そこでタイヤを預けて現場へ。

タイヤは、空気が抜けだしてからもしばらく走っていたので、タイヤの側面が悪くなっていて、パンク修理ではなく、タイヤそのものを交換となってしまいました・・・。

やっぱり、アンラッキー・・。



まあ、今日は軽自動車でのパンクで、数千円の出費で事故につながらなかったことを思うと、やっぱりラッキーですかね。
by tajimbo | 2009-10-23 22:17 | その他