ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

<   2009年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

宇野友明氏の講演会

昨日のことですが、名古屋で活躍されている建築家、宇野友明氏の講演会(勉強会)へ行ってきました。

宇野さんは設計者でありながら、今では自ら工事を請負い、設計・施工で住宅を建てている日本では”珍しい”建築家です。
宇野さんからすれば、これが本来の、理想の姿なんですが。
ボクの目指す方向の目標の人でもあります。

宇野さん曰く、

「撮影現場でメガホンを振らない映画監督なんていないだろ?」と。

講演会後の2次会でも熱く語ってみえて、ボクもいろいろと話をさせてもらいました。



講演会での話や2次会での話では、”普通”の設計者には心に刺さる、耳の痛いはなしではなかったかなと思います。
今回は設計者がほとんどの勉強会でしたので、意図的に心に刺さる言葉を選んで話をされていました。


◆理想の建築を実現するために、「施主と設計者、設計者と職人の双方に信頼関係を築く」、「志を同じくする」

◆世の中の建築の世界には、施主>設計者>施工者・職人といった暗黙の序列があり、その関係は間違い

◆施主からも、職人からも「信頼」されるにはすべてに責任をもつ「覚悟」が必要。

◆「責任=お金」である。(←この言葉だけでは誤解が生じてしまうけれど、本当の意味で責任を持って仕事するということは、その仕事が失敗した時の代償(=お金)をはらう覚悟が必要だということ。責任ある立場にあっても自分の尻をぬぐえないヤツは責任があるなんて言うな、ということ。(tajima的解釈))

◆現場での『できない理由』のすべては設計者の責任で、そのすべては現場を身をもって知ることで解決できる。
・「予算がない」をクリアするには・・・コストプランニング、概算の早さ、正確さ

・「時間がない」をクリアするには・・・スケジューリング、工程、計画表

・「やる気がない」をクリアするには・・・設計者自身が楽しんでいない、新しいことに挑戦していない、職人にやり直しをさせない

・「納まっていない」をクリアするには・・・正確な図面を描く(=正確な見積りとなる)、施工図を描く、綿密な打ち合わせ

・「技術がない」をクリアするには・・・何件も仕事をして、職人を育てる意識も必要


◆現場は職人とのライブコンサート。予定調和でないことを楽しむ。

◆職人のプライド、技を引き出すのは設計者の責任。

◆やり直しを無くす。

◆職人は仕事で評価する、お金が高いとか安いとかで評価しない→お金で評価すると自分もお金で評価されれる。

◆カタログハウスはやめよう。
カタログに載っている工業製品を選んで組み立てるだけの家を造る「選択士」になっていないか。
それならばハウスメーカーと変わらない。




その他、すべてがボクには参考になりました。
赤ペンでのメモも真っ赤になりました。

やっぱり、教科書や本のような文字ではなく、経験者の生の声は心に響きます。

こういった講演会などは積極的に参加しようと思いました。
by tajimbo | 2009-06-30 14:43 | 建築

キッチンハウス

a0049695_14572288.jpg今日は午前中、「岡崎の家」 で採用するキッチンの最終確認でお施主さまの奥様とショールームに行ってきました。

今回のキッチンは 「キッチンハウス」 のキッチンです。

お施主さまが今まで住んでみえた住宅(解体された住宅)にもキッチンハウスのキッチンが採用されており、使い勝手が非常に良かったとのことで、今回もキッチンハウスを採用されました。

以前にも何度も足を運んでいましたし、キッチン図面にもすべて仕様が入っていますが、今日は、発注前の仕様の最終確認です。

当初はお施主さまだけでご確認いただく予定でしたが、ボクも都合がついたので同行しました。

図面上では出てきていなかった、1ヶ所のキャビネットの奥行きを現地で確認したところ、思いのほか奥行きが小さいことがわかり、納まりを確認して、急遽、奥行きの大きいキャビネットに変更しました。



キッチンや衛生機器などのショールーム廻りを、お施主さま自身で行ってきてください、という設計者もいると聞きますが、1度や2度は設計者と一緒に行った方がいいです。(特に最初は。)

キッチンなどは特に、天井高や壁から壁の内法寸法をきちんと把握しておかないと、機器がきちんと納まらない可能性も否定できません。

また下地の有無や給排水管の位置やルート、レンジフードのダクトの接続の仕方などで機器の取付方法が変わることもありますし、必要な部品も変わります。

下地や配管・ダクトのルートなどは、普通、お施主さまはわかりませんよね。

そういった内容は設計者がキッチン屋さんへ伝えれば良いし、色や使用材料のメリット・デメリットなどをその場で一緒に確認するほうがお施主さまの、何となく自分で決めてもいいのかしら?といった不安は減らせられるのではと思います。




全くの余談ですが、キッチンハウスの社長は、「タジマヨウスケ」さんなんですよ。

同姓同名なので何となく、親近感。

お友達になってもらおうかしら。
by tajimbo | 2009-06-29 15:21 | 岡崎の家

長久手の家でたこぱ

a0049695_22231573.jpg今日は、「長久手の家」 のCさん家で友人M家、田嶋家の3家族でたこ焼きパーティ、「たこぱ」。

たこ焼き名人には怒られますが・・・電気のホットプレート、です。

昼からたこ焼きをたらふく食べて、ビールもたらふく飲んで・・・夕方にはスキップフロアの和室で2時間以上昼寝してしまいました。

この和室、当初の狙い通り?風がよく入るので涼しくて、畳の上で寝るには気持ちのいい和室。

自分の家のようにくつろいでしまいました。

まあ、Cさん家の次に 「自分の家」 と思っているのはボクかもしれませんが。


a0049695_22414669.jpgトイレを拝借したところ、塩ビパイプを壁にはめ込んだ予備用のペーパーホルダーに予備のペーパーが。
こちらも狙い通りで、いい感じ。

昼食、夕食までいただいてしまい、子供たちはお風呂にまで入らせてもらっちゃいました。

Cさん、いつもありがとうございます。
by tajimbo | 2009-06-28 22:38 | うち

建築条件付き住宅の見学

先日、大学時代のバイトの女性の友達から「土地を買おうと思っている」とのメールがありました。

具体的な1つの候補地があり不動産屋さんとも話しをしているけれど、近隣の相場よりもずいぶんと安いし、不動産屋さんが言っていることも信じていいのかわからないし、不動産や建築は全くわからないのでちょっと不安・・というような内容でした。

通常、土地に関しては単に「格安」や「お値打ち」というものはなく、安いなら安いなりの理由が必ずあります。
ですので、相場よりもずいぶんと安いと言う土地は要注意です。


その連絡の後、ボクが実際の現地を見に行ってきたのですが、近隣の雰囲気も悪くないし、土地の状態も悪くなさそうだし、一見しては問題なさそうでした。
相場よりも安い理由は○○な理由じゃないのかな、という話を友人にしたのですが、今日判明したところでは、やはりその○○な理由のようでした。
現地を見た感じでは悪くない土地だと思うので、相場よりも安いし「買い」じゃないのかな、という連絡をしたところ、自分たちも気に入っているので購入する方向で不動産屋さんと話しをする、ということになりました。

ただ、その土地は、売主である不動産屋さんでの「建築条件付き」の土地です。
ですので、実際にはボクの出番はありません。


そんな話の流れの中、その不動産屋さんが、自分たちが建てた・建てている住宅を実際に見てもらいたいということで、せっかくならばとボクもその一家に同行しました。

今日がその見学の日だったのですが、結局、3件ほど見て回りました。

建売や注文住宅も自社でいろいろと手がけている不動産+建築屋さんですが、見て回った3件は特に悪いところはありませんでした。

正直言うと、見せてもらった3物件ともうちの工務店で全く同じものを建てても、建物の坪単価は10万円ほどは安くできるだろうな、という内容でした。

土地が安い分、建物で利益を出そうという感じです。

ただ、建築条件付きの土地を気に入ってしまうと、他の工務店との比較は意味をなしません。
あくまでも建物はその不動産屋さんの意向にそった建物しか建てられません。
あとは、その不動産屋さんにいかにお値打ちに頑張って建ててもらうか、という方向での交渉です。


今回は、友人で建築士であるボクが同行したことで、不動産屋さんへの「抑止力」を狙いました。

不動産屋さんへは、建築条件付きの住宅建設だけれども、友人の建築士にアドバイスをもらいながら進めることを明言してもらったので、ヘタな設計内容や見積りは通用しないよ、という「抑止力」です。

ボク自身は無理な仕様や減額を押しつけるつもりは毛頭ないですが(施工に携わっていることで、相手の気持ちも痛いほどわかるので)、友人からの必要以上のボッタクリは認めないよ、という気持ちです。


友人には学生時代に恋愛に関するいろんなアドバイスをもらっていたので、15年ほど経った今は、ボクが建築に関するアドバイスで恩返しできれば、という思いです。





余談ですが、やはり「建築」についてよくわからない・不安という方々は多いですね。
まあ、家づくりなんて一生に一回程度なので、わからないことの方が普通ですね。
今までやったことないのですから。

ボクは工務店のオヤジのもとに生まれた、「建築一筋」なので建築には当然精通しているつもりです。

建築に関して「困っている」という人があれば、できる範囲で協力するのもボクの使命なんじゃないかと思う今日この頃です。
by tajimbo | 2009-06-27 23:59 | 建築

屋根防水と型枠脱型

今日は午前中、「岡崎の家」 の現場へ。

まずは外構の植栽計画について、造園屋さんとお施主さまと現地で打合せ。

外構の車庫の工事に取り掛かる前に、既存の樹木で移植して残すものと撤去してしまうものとを選別し、来週ぐらいに移植することにしました。

とにかく、数十種類の既存の樹木があり、正直、ボクも何が何の樹だかわからないものが多い。

お施主さまは今まで数十年間、ご自分たちで手入れされているので樹種やどういった花が咲くかなどご存知で、造園屋さん(この担当の川島くんは樹木医の資格も持っています)もいろいろと知っているので、ボクは聞き役です・・。


a0049695_17175014.jpg現場では、屋根の防水工事に取り掛かっています。

梅雨時なので、雨が降る前に区切りを付けたいところです。

写真では、屋根のシート防水の下に入れるボード状の断熱材を敷き込んだところです。


a0049695_17271063.jpgボード状の断熱材を留めている円盤状の金具。

この円盤は断熱材を留めるためだけではなく、この上に敷かれるシート防水材とを強力に接着する金物でもあります。


a0049695_17341547.jpg今月の1日に打設した2階のコンクリート用の型枠も脱型しました。

強度試験などでコンクリートの強度を確認しない場合は4週間は屋根面の型枠と支柱をそのままにしておかないといけないですが、今週、強度試験を行って設計強度以上の強度が確認されたので、型枠と支柱をはずしました。


ちょうど昼時になったので、外壁左官仕上げのための下地調整に来ている左官屋さんが、昼飯を食べています。
by tajimbo | 2009-06-26 17:40 | 岡崎の家

マンションの劣化状況の説明会

a0049695_0242836.jpg今日は19:00から、春日井市内のとあるマンションへの説明会。

15戸の小さなマンションです。

築11年程のマンションで、以前に劣化具合の現地調査を行っていたので、今日はその内容を入居者の方々に出席いただいて、現状の劣化状況をご説明しました。

15戸のうちで10人程度の出席でしたが、ひと通り、外壁や屋根、共用廊下、バルコニーなどの劣化写真とそれに対しての修繕の方法などをご説明したのですが、説明後の質問や意見は1つ、2つ・・・。

質問や意見が出ないほど、説明が素晴らしかったのでしょうか?

そんなことはないのですが、こちらの入居者代表・管理組合理事長さんが説明会後にお話ししてくれたのですが、とにかくみんなが意見を言わない、お任せします、が多いとのこと。

建物や工事に関することは全くの素人なので何を聞いていいのかすらもわからない、という方が多いようです。

今回の理事長さんは男性の方なのですが、今年、自分が理事長のうちに大規模修繕工事の具体的な内容を詰めていかないと、来年以降に持ち回りで理事長になる予定の方々は、おそらく何もやらず(できず)に数年が過ぎてしまうのではないかと危惧されているのです。

実際には最上階の共用廊下の屋根で雨漏りもしています。
部分補修にしろ、何もやらないというわけにはいかないのです。
放っておけば、どんどんと悪化していきます。



入居者の方々の意識向上のためもあり、今回劣化状況をご説明して、近いうちに工事をしないといけないですよ、という説明会だったのですが、みなさんが少しはご自分たちの住まいに対して意識を向けていただければ、と思います。
by tajimbo | 2009-06-25 23:59 | 仕事

クラック誘発目地

a0049695_23465552.jpgとある地下駐車場のコンクリート床。

コンクリート床は、面積が大きくなればなるほどとひび割れ(クラック)がいたるところに入りやすくなるため、3~5m程度の間隔でわざと細いスリットを入れて床版の厚さの薄い部分を作り、そこにひび割れを集中させるように 「クラック誘発目地」 というスリットを入れるのですが、写真のように、思ったようには入ってくれないものですね・・・。

スリットを無視して平行にクラックが走り、一部ではスリットをまたいでます・・。

理想では、スリットの中(底)でひび割れが入ってくれれば、表面にクラックが出ないのですが、そんなに簡単なものではないのですね、やっぱり、コンクリートは。

駐車場と言うこともあり、タイヤからの車の振動や加重がさまざまな位置で繰り返し入ることになるので、クラックもどこに入るかわからないのが現実なんでしょうね。
by tajimbo | 2009-06-24 23:45 | 建築

設備配線・配管

今日は午前中、「岡崎の家」 の現場で、タイル屋さんと工程や納まりの打ち合わせ。

今回の陶板は積んでいくような納まりなので、一度にたくさん施工できません。
たくさん積みすぎると、下のほうの目地モルタルが重さでつぶれてしまい、目地幅が統一できないのです。
そういったことから、少しずつ施工していかないといけないので、施工日数もそれなりに必要です。

タイル屋さんとの打ち合わせの後、電気屋さんが現場でコンセントやスイッチの裏BOXや換気ダクトの配管などをしていたので、少々打ち合わせ。
先日、お施主さまに最終確認した位置でコンセントなどを用意してもらいます。


a0049695_1572299.jpgまた昨日、隠れる部分のガスの宅内配管は終了していたので、それも確認しました。
床下になる部分はベージュ色の堅いガス管ですが、壁に立ち上がる配管はステンレスの原管に軟質ポリ塩化ビニルを被覆した「フレキシブル管(フレキ管)」です。

床下になる部分は今後もいろんな職種が入り、注意しても必ず踏まれてしまうので、堅い配管にしておかないと管がつぶれてしまう可能性があるので、堅い管の方がいいのです。

壁に立ち上がった配管の先にあるグリーンのボックスは壁付けのガスコックを取り付ける部分です。
by tajimbo | 2009-06-23 15:11 | 岡崎の家

住宅設計事務所辞典 東海版

『住宅設計事務所辞典 東海版 ~理想の家づくりは設計事務所探しから~』(C&D出版)に掲載されました。

a0049695_1437406.jpg少し大きめの書店には並んでいるかもしれません。

愛知・岐阜・三重で住宅の設計・監理を主な業務としている設計事務所が59社掲載されています。

設計事務所といっても大規模なビルを設計している組織事務所から、アトリエ系といわれる小規模な事務所まで、また下請け専門の事務所や設備や電気の設計を専門に行っている事務所などなど、さまざまな事務所があります。

一般の方々が、設計事務所と一緒に住宅を建てようと思ったときに、参考になるのではないかと思います。


副題にもあるように、「理想の家づくりは設計事務所探しから」 と言うのは本当です。

自分たちにフィットしたオリジナルな家づくりをしようと思ったら、設計事務所との家づくりが一番です。

設計監理料を入れても、大手ハウスメーカーでの価格と変わらない金額で、オリジナルの家づくりができます。

また、お父さんやお母さんが自分たちの家を一生懸命に考えて創ってくれた、という 「親の背中」 が見せられます。

実はこれが一番のメリットだと思います。

一生懸命な 「親の背中」 見せていますか?
by tajimbo | 2009-06-22 15:03 | 家づくりのヒント

コンセント・スイッチ確認

今日は午後から、「岡崎の家」 のお施主さまに、コンセントやスイッチ位置を現地で確認をしていただきました。

a0049695_2132122.jpg先日の打ち合わせ時にカラーのスイッチや照明器具の位置図お渡しして、生活のシーンを思い浮かべながら、こちらの部屋から入るときにはここにスイッチがあり、こちら側から出るときにはこちらにもスイッチがありますよ、などとご説明しました。

スイッチの位置は一通りはこちらで想定した位置で設計しますが、お施主さまには実際の生活シーンを想像していただきながら、位置を決定していただきます。

細かいことでも、スイッチはこちらにあったほうが便利だとか、電気製品を購入してこのあたりに置くかもしれないからコンセントが欲しいとか。


a0049695_21362855.jpg図面上で先日確認した内容を、今日は実際の現場でご確認いただきました。

写真はTV、LAN、コンセントの実際の位置、高さをテープで出したところです。

現場全体を歩いて、実際の部屋の使い勝手を想像していただきながら、ご確認いただきました。

現場で実際にご確認いただくことで多少の変更がありましたが、これから実際にコンセントやスイッチの配線、配管をしていきます。
by tajimbo | 2009-06-21 21:41 | 岡崎の家