ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

<   2009年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

タイルサンプル確認

a0049695_184639100.jpg今日は午後から、岐阜県の瑞浪市のタイル(レンガ)工場で 「岡崎の家」 に使用するタイルのサンプルの確認として、お施主さまにもお越し願って、一緒に色目やテクスチャなどを確認しました。

タイルと言っても、タイルに近いレンガという感じでもあります。



外部でルーバー状に 「透かし積み」 する部分と内部の一部にタイルとして張る部分とがあります。

微妙に違う三色をサンプルとして焼いてもらいました。

三色のサンプルの中でも、微妙に赤が入った色目のものでもう少し濃くしたもの、という微妙なリクエストをして、制作してもらうことにしました。

このような微妙な色目やテクスチャを細かく注文できるところが、オーダーのいいところです。

今回のタイルはすべて、手作りです。

既製品の大量生産のものよりは高価ですが、世界に2つとないタイルができるのです。


a0049695_19414553.jpgサンプル確認の後は、せっかく来たので、タイル工場内の見学。
今日は日曜日なので、工場自体はお休み。
写真の積んであるタイルは、以前に他の物件で使用したタイルの余りもの。
追加で必要になることもあったり、他の物件で引き合いがあればサンプルとしてお出しするために数年は保管しておくそうです。


a0049695_19454644.jpg工場自体はお休みですが、タイルを焼いている窯には火が入って、今日も焼いていました。
奥のほうでオレンジ色の炎が見えますね。

50mの長さの窯の中を1時間で1mのスピードでトロッコが進み、50時間かけて出てきますので、約2日間焼かれます。
写真は焼きあがって、出てきたタイルたちです。

a0049695_1945215.jpg焼きあがった穴あきブロックやタイルです。

トロッコの上段と下段とでも火加減が違うので、同じ土の同じタイルでも焼きあがりの色が違ってくるそうです。






工場の社長にいろいろとタイルについて説明してもらいながら、工場内を案内してもらいました。

ボク自身も工場見学は好きなんです。

何はともあれ、楽しいですよ。

へー、この材料はこうやって出来上がるんだーって。

自分たちが使う材料でも、どのようにして作られているのかを自分の目で見て、知ると、さらに愛着がわいてきます。

注文住宅では、家が作られる過程も見ながらいろいろと話を聞いていただくと、家づくりが一層楽しくなりますよ。
by tajimbo | 2009-05-31 20:00 | 岡崎の家

家庭菜園

a0049695_77139.jpgうちには庭がないのですが、子供たちがプランターで野菜を作っています。

トマト、インゲン、シシトウ、ナス。

野菜じゃないですが、子供には定番の、アサガオも。



下の子が毎朝、水やりをしてから保育園に行くのですが、日に日に大きく育ってます。

インゲンなんか、一日に数センチも伸びてたりしますね。


買ってきたものではない、自分たちが世話したものは、きっとおいしいですね。

収穫したものはみんなでサラダにしたり、七輪バーベキューにしたり、今から楽しみです。
by tajimbo | 2009-05-30 23:59 | うち

プランニング

昨日は、本当は 「岡崎の家」 の2階構造体のコンクリート打ちだったのですが、雨で延期しました。

昨日の予報では今週末すべて雨マークでしたので、来週の月曜日に延期したのですが、今日は雨降らなかったですね・・。

コンクリート打ちの日の天気は本当に悩みます。

決行してみたら、雨が降り出したなんていうと目も当てられなくなるので、雨の危険性があれば延期です。



と言うことで、昨日、今日と、「大西の家」 のプランニングを。

a0049695_21283634.jpg道路からの高低差が2mぐらいある70坪の敷地ですが、完全分離の2世帯住宅、車庫3台分、法事ができる和室・仏間、子供室x3・・・と入れ込んでいくと、以外にもきつい。

2世帯住宅でも、ご主人とお父さんの性格から、今回はお互いにあまり干渉しないタイプの2世帯がいいと思うので・・・玄関も別々の完全分離(内部では一応、つながりますが)としています。

できるだけコンパクトに、という方向でプランニングしています。

昨日の段階でC案、D案を手書きで描いたものをスキャナで読み込んで、取り急ぎSさんへメールで送りました。

C案がコンパクトでなかなかいいんじゃない、という感じですが、収納が少ないのがネックですね。

まだまだ、検討が必要です。



プランニングは毎回毎回、産みの苦しみを伴いますが、一番楽しいところでもあります。

悩みぬいた末に、これだ!という納得の案ができると、達成感に包まれます。

そのためにも、まだまだ悩まないといけないですがね。
by tajimbo | 2009-05-29 21:50 | 大西の家

メイド

ついさっき、休憩で缶コーヒーを買おうかとビルのエレベーターで降りていくと、3階で停まりました。

「お気をつけて、ご主人様。」

と言うことで、仕事帰りサラリーマン風のご主人さまと乗り合わせでした。

どこぞのご主人さまは、幸せそうににっこりとしてお帰りになりました。



さて、メイドを従える甲斐性のないボクは、もうひと仕事しますかね。
by tajimbo | 2009-05-28 20:48 | その他

瑕疵保険の検査

a0049695_21285142.jpg今日は 「岡崎の家」 の瑕疵保険の検査でした。

今年の10月1日以降に引き渡しがされる住宅には、「住宅瑕疵担保履行法」 で規定された検査をあらかじめ受けて合格しておかなければいけないのです。

「岡崎の家」 では、(株)住宅あんしん保証での 「あんしん住宅瑕疵保険」 に入っています。


10月1日引き渡しの物件からの適用ですので、一般的な木造住宅では、実際にはこの4月、5月ぐらいからの着工物件が対象になりますね。

ですので、鉄筋コンクリート造ということもあり、検査員の方もあまり慣れていないようでした。

また、検査項目のチェックシート自体が完全ではありません。

2階の屋根のコンクリート打設前の検査ですが、コンクリート打設後28日の強度をチェックをするような項目があったり、一般的には太めの鉄筋は 「圧接(あっせつ)」接合をするのですが、「圧着(あっちゃく)接合」 なんて書いてあったり。

建築を解っている人がチェックシートを作っていないなーと検査員の方と話しました。


検査自体は、問題なくOKです。
by tajimbo | 2009-05-27 21:47 | 岡崎の家

スリッパ

a0049695_2165836.jpg←道路にスリッパ。

これは置いてあるモノなのか?

捨ててあるモノなのか?

道路をスリッパで歩いてきた人が、スリッパを脱いで車に上がりこみ、走り去った、のかな??
by tajimbo | 2009-05-26 21:11 | その他

チームプレイと個人プレイ

何の脈略もなく、ふと考えてしまったのですが、チームプレイのスポーツと個人プレイのスポーツとでは、どちらが人間形成上いいのかなーって。


ボクは小学校はサッカー部、中学・高校はハンドボール部で、球技のチームプレイを必要とするスポーツをやっていました。

チームプレイのスポーツは個人技だけでは勝てない、仲間を想う心がないと強くなれないと感じていますので、「その仲間を想う心」 が協調性であったり、想いやりであったり、協力し合うということにつながって、人間形成上も重要な要素であって、社会でも必要な資質につながるのではと思っています。

ですので、ボクはチームプレイのスポーツを子供たちにやってもらいたいと思っています。



でもふと、一人で事務所で仕事をして、一人で駐車場まで歩いているときに思ったんです。

個人プレイのスポーツの人は、当然、対戦相手と戦うこともしますが、自分自身とも戦戦っていることが多いのかなーと。

チームでは、自分がミスをしてもチームがカバーしてくれることはありますが、個人では、自分がミスをするとそれが直接勝敗につながることが多いので、よりシビアに自分自身と戦っているのかなーなんて。


まあ、簡単にどちらが良くてどちらが良くないなんて言えることではないですけどね。


一人でさびしく仕事しているんで、そんなことふと考えてしまいました。
by tajimbo | 2009-05-25 23:35 | その他

宿題

マンションの会合の後、事務所で今日中に送らないといけないFAXなどの事務仕事をしたあと、「大西の家」 のSさん家へ打ち合わせへ。

まだプランが固まっていない中で、中間的な打ち合わせ。

とは言っても、ボクの準備不足で打ち合わせにもならず、すみません。

雑誌の写真などを見ながら、こういうイメージが良いとか悪いとか、ざっくばらんにお話ししていただきました。

プランの方向性として3パターンほど宿題としてお持ち帰りしました。



奥さまも自分で方眼紙を買ってきてプランニングしているのが楽しいそうで。

設計期間は比較的長く設定しているので、せっかくの機会ですから、ゆっくり、じっくり楽しみましょう。
by tajimbo | 2009-05-24 22:40 | 大西の家

大規模改修計画

今日の午前中は、とあるマンションの会合へ。

大規模改修の必要性をお伝えするためにマンション管理組合の会合に出席して、現況の劣化状況をお伝えしました。

18戸程度の大きくはないマンションですが、理事長、副理事長はじめ10数人の方に出席していただき、現況の報告と大規模修繕工事の必要性をお伝えしました。

築23年ですが今までほとんど手をかけていないマンションで、塗装面や鉄部がひどく劣化している部分があり、特にスチール製の手すりに関しては、今までも汚れがひどく入居者の方々も気になっていたそうです。

大規模修繕の工事業者もピンからキリまであるので、信頼のおける業者に依頼することがまず大切だということ、建築の世界には 「安かろう、悪かろう」 があるので安いばかりの業者ではダメだということなど、業者選定の方法や現場の管理や監理の方法などをいろいろとお話ししました。

今回出席していただいた理事長さんをはじめみなさんがボクに設計監理を委託したいという考えを示していただいたのですが、正式に見積りをお出しして、臨時総会を開催して最終承認をいただくことになりました。

会合の後は、実際にみなさんでマンションの劣化具合を改めて確認しに行き、ここがこう劣化しているのね、と確認しあいました。

ご自分たちのマンションですので、良い部分も悪い部分もご理解いただくことは大切なことです。
by tajimbo | 2009-05-24 22:28 | 仕事

生コンプラント

a0049695_6385857.jpg今日は工務店の兄貴と、構造設計のS氏と一緒に、「岡崎の家」 の現場へ生コンを納入しているプラントへ。

1階の構造体でジャンカが出てしまい適切な補修を行って工事を進めていますが、次回の2階の構造体ではきれいなコンクリートを打設するために、念のため生コンプラントまで出向き、コンクリートの配合の確認と試験を行いました。

構造のS氏とも相談して、次回はコンクリートの設計強度や基本的な材料は変えずに、前回とは違う配合でコンクリートを出荷してもらう方向にしました。

コンクリートの品質は基本的にはJIS規格などで厳しく規定されていて、当然、JIS規格を取得した認定工場で製造され出荷されます。

ただ、どの工場でも常に均一な品質ではなく、規定値内でのばらつきがあります。

その規定値内でもどのあたりの品質なのかを確認することは重要です。

今回、プラントまで出向いて実際の工場を見て、そのあたりを確認しました。
by tajimbo | 2009-05-23 23:59 | 岡崎の家