ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

<   2008年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

恒例の

今日は久しぶりに中学時代の同級生の焼肉屋さんへ。

疲れてくると食べたくて食べたくてしょうがないんですが、半年ぶりぐらいになってしまいました。

ああ、やっぱり、うまい。
大満足です。


中川区なんですが、比較的名駅に近いのです。

帰り道は、名駅の前を通って。

a0049695_0265146.jpg少々、渋滞気味。

歩道では携帯カメラを片手に眺めている人々が多々。

冬の風物詩になってますね。
by tajimbo | 2008-11-30 23:55 | うち

長久手の家

今日は、引渡し・引越し以来の 「長久手の家」 を訪問しました、完全に個人として。
久しぶりです。

いままで散々見てきて勝手知ったる住宅に、「おじゃまします」と他人として入るのは何だか変な感じもします。

当たり前ですが、引越し当初よりも家具が入ったり生活雑貨があったりで、生活感が出てきて、引渡し前のイメージとは全然違って見えました。

a0049695_0242225.jpg階段の壁に埋め込んだミニカーラックにも、きちんとミニカーが入れられていました。

このミニカーラックも、大工さんを交えて、あーでもない・こーでもないとやり取りした部分です。

MUJIの小物ケースの流用ですが、いい感じです。










今日は5家族が揃っての餃子パーティー。

子供達も餃子つくりを手伝ったり。

ボクはCさんのご主人と、旦那どうしで少々反省会。

収納スペースが使い勝手が良いとか、浴室が何ともいい感じとか、でも浴室の天井はもっと低くても良かったとか、和室のスキップフロアは目論見どおりとか、ざっくばらんにいろいろと話しをしました。

ばっちり良かったところ、もう少しこうした方が良かったかなというところも含めて、まあ、合格点はいただけたかな?


ボク的にも久しぶりにビールをいっぱい飲みました。

笑って反省会ができるのは、ほんと、いいことです。
by tajimbo | 2008-11-29 23:54 | うち

有効利用

設計を進めていると、カタログやらサンプルやらが山のように溜まってきます。

初めて使う材料や新製品、新色のものなどは、当然、現物を確認したくなります。

ただ、設計が終わると、それらはどうしてもゴミとなってしまうことのほうが多いのが悩みです。

毎回、何とか、ゴミにせずに使えないかな、とは思うのですが・・・。



先日も、穴あきブロックのサンプルを取り寄せたのですが、「鉛筆立て」 にでもしようかな。
でも、ちょっと大きいんだよね。

a0049695_2036956.jpg右側が今回お取り寄せした穴あきブロックのサンプル。

左手は、14年ほど前の設計事務所の新入社員のときに、「押出成型(おしだしせいけい)セメント板」 のサンプルで作った鉛筆立て。

退社したときにも持ってきて、そのまま、ずーっと使ってます。


サンプルは、2つの穴が貫通しているのですが、模型制作用のスチレンボードを底板として少し透かして当てがい、そのスリットに赤いテープを入れ込んであるんです。

1年目は、設計というよりもCADオペレータとしてしこしこと図面を描いてただけでして、自分の意思を入れて作れるものがこんなものぐらいしか無かったからなのか、結構気に入っているんです。

やっぱり、自分の意思を入れたものをつくると、どんなものでも愛着がわくもんです。
by tajimbo | 2008-11-28 20:49 | 仕事

申請先

a0049695_21581271.jpgブログにも書きましたが、先日、確認審査機関のビューローベリタスへ行ったのですが、今日はそのビューローベリタスから営業を受けました。

簡単に言うと、ぜひ、ビューローベリタスで確認申請を、と言うことです。

民間の会社なので営業を掛けることは当たり前と言えば当たり前なんですが、「お役所への申請」 というイメージのある確認申請に関して、ぜひうちで、と言われると何だか変な感じもします。

ビューローベリタスは、どちらかと言うと大型物件ばかりを扱っているというイメージでしたし、営業さんもそのように言っていました。
最近の建築不況で大型物件が減っているところへ更なる不況の波が来ているので、戸建住宅にも力を入れるんでしょうね。

今までは、申請料が他社よりも高かったため、申請先の候補にも上がっていませんでしたが、木造住宅などの小規模の 「4号物件」 と言うものに限って、他社と申請料を同一料金に合わせてきました。

今回は年末までのキャンペーンということでのチラシをもらいましたが、来年以降もずーっとその価格で行くことが社内的には決まっているそうです。


価格が同じならば、あとはスピードとサービスですね。

サービスと言えば、今では、宅急便での申請もできるそうな。(他社でもあるのかな?)

また、前日までに申請の提出予約を入れておけば、審査員がスタンバッていて、お待たせしません、ということだそうで、以前のお役所とは全然対応が違います。
(以前のお役所は終業間際に行くと、帰り支度を済ませ、かばんを机の上に乗せてチャイムが鳴るのを新聞を読みながら待っているんですから・・・)


小泉さんが言ってましたね、「民間でできることは民間で」と。

役所仕事を民間に開放することでサービスが向上するという、良い見本でしょうか。
by tajimbo | 2008-11-27 22:28 | 仕事

アパートメント計画

今日は午後から、「今池のワンルーム・アパートメント」の計画案と、その事業計画書をお持ちしてお施主さまと打合せ。

マンションとするにはちょっと小さい敷地なのと容積率の関係で、3階建てのワンルームで計画してお持ちしました。

9戸の場合で2案と、1戸当たりを少し大きめにした6戸の場合とで、3案を提出。
平面的には大きさの限界があるので、ロフトを採用する案もご提示しました。


3案のうちの基本プランで、家賃設定から概算建設費、銀行からの融資金額とその金利などの諸条件を入力して作成した事業計画書も合わせてご提示しました。


賃貸アパートの建築は、当然、「事業」 ですので、プランや空間が良いと言うだけではダメで、その立地やプランによってどれだけの家賃が想定でき、それが長期的に見て事業として成り立つかどうかが問われます。

今回は、想定できるプランとその事業計画の 「タタキ台」 のご提示でしたので、お施主さまに持ち帰っていただき、ご検討いただくことになりました。
by tajimbo | 2008-11-26 23:12 | 仕事

秋のサカエ

今日、午前中に、中日ビルの隣にある中区役所のビル(栄サンシティービル)に入っている確認審査機関の 「ビューローベリタスジャパン名古屋事務所」 へ。

中区役所のビルに民間の事務所が入っているのか、民間の事務所に中区役所が入っているのか、どちらでしょうね?

ビューローベリタスへは、「岡崎の家」 の確認申請提出前の事前相談です。



a0049695_23591330.jpg打合せには、大須の事務所から、枯れ葉舞うサカエを歩いて行きました。

午前中は日差しもあり、比較的暖かく、気持よく歩くことができました。

たまには、仕事中でも気持よい空間を歩くのはいいですね。

クセになりそうです。
by tajimbo | 2008-11-25 23:47 | 仕事

パソコン

今日は自宅でひたすら、パソコンと格闘でした。

自宅の古いノートパソコンは嫁さん専用機として、新しいのはボクの専用機なんです。
自宅で仕事するときはノートパソコンなんですが、パソコンは大事な仕事の道具なだけに、嫁さんにも触らせません。


先日、うちの嫁さん、自分用の古い方のノートパソコンを落としおって、挿してあった無線LANのアダプターをぽっきりと折っちゃうもんだから。

新しい無線LANのアダプターを買ってきたみたいで、昨日、夜な夜な無線LANの設定をやってたようです。
よくわからんくせに。


今日になったら、ボクの方の無線LANも接続できなくなってました。

あーあ、やっぱり・・。

親機?の方の設定もいろいろと触ったようで・・。


ボク自身もそんなにパソコンには詳しくはなく、説明書と勘でなんとか設定できる程度なんですが、5時間くらい格闘しました。

何度も何度も繰り返して、夕方やっと、接続が復帰。
半日がかりです、ふー。


そんなこんなで一日が終わってしまいました。

余計な仕事を増やしおって。
by tajimbo | 2008-11-24 23:59 | うち

いつもの公園

a0049695_23142022.jpg今日は、いつもの落合公園へ、いつもの自転車乗りへ。

秋も深まってます。

今日は下の子が、お姉ちゃんの自転車を借りて乗ってみることに。

補助輪もないので、やっぱり無理ですね。

次回は、補助輪持参で乗せてみますかね。
by tajimbo | 2008-11-23 23:29 | うち

いい夫婦の日

a0049695_23174544.jpg11月22日。
今日は「いい夫婦の日」。

この書き出し、4回目です。

そんなに書いてるんですね。

今日は昼過ぎまで自宅で少々仕事を。



今日は、知っている人は知っている(←当たり前)、ボクの誕生日。

「いい夫婦の日だぞ」 と、ずーっと洗脳し続けた設計事務所時代の同期の女性陣2人(ボクら3人が同期なんです)から、きちんとお祝いメールが届きました。


特に何かをしたわけでもないですが、嫁さんと子供たちでケーキを買ってきてくれました。
そして下の子が僕のケーキのイチゴを横取りしていきました。


当たり前ですが、誕生日がくると毎年1歳づつ歳をとるわけで。

ボクの親父は63歳で亡くなったので、何の根拠もなく、ボク自身もそれぐらいの歳までだと想定しています。
(その歳で死んじゃうという話ではなく、その歳ぐらいまでには、自分の人生に納得できるものを残しておきたい、ということです。それ以上に生きられるのであれば、それ以上に幸せを積んでいきたいとは思います。)

そう考えると、人生の折り返し地点はとっくに過ぎていて、人生の後半に入っているわけです。


去年のブログには、

今年こそ、バタバタから脱したいと思います。
今まで以上に、きちんと、地に足をつけて仕事をします。
今までもずーっと思い続けてきたのですが、やっぱり、納得度が高く、完成度の高い仕事がしたいです。

そのためには、単にたくさんの仕事をこなすでもなく、
深く考え、その考えたものを実現していくその過程と結果にもこだわりたいです。


と書きました。


やっぱり、「納得度高く、完成度の高い」 仕事がしたい、という思いは変わりません。
その過程と結果にこだわってみる、という部分でも、まずまずかなーというところです。
結果というところでは、お施主さまに満足していただきつつ、小さなものですが第三者にも評価していただいた部分もあります。


でも、まだまだです。


今年も上記の想いを抱きつつ、自分はもっとできる、と思って邁進したいです。



子供たち、特に上の子は、ボクが家などの設計をしていることを理解しだしました。
ボクが家の図を描いて、大工さんが建てるんだよねーと。


これ、うちのお父ちゃんが設計したんだよ、と胸を張っていえるような仕事を見せたい、背中を見せたいものです。
by tajimbo | 2008-11-22 23:57 | うち

定期購読

a0049695_19403956.jpgああ、またやってしまいました・・。

山積みになっていた机の上の書籍を片付けていると、同じ色の、同じ大きさの本が2冊。

『建築知識』。
建築、特に設計する人間には必携の月刊誌。
とは言っても、一人に2冊もいりません。


きちんと整理しないから無駄な経費がかかるという、教科書のような、悪い見本です。

1冊、1890円也。

高い・・。



それならば反省してすぐに実践しないと、と言うことで、定期購読を申し込みました。

年間購読で、20,160円也。

無駄に2冊も買っているよりは、年間購読の方がお安いようで。


それに、定期購読すると 「定期購読会員」 となって、会員しか見られない、建築知識用の専門情報サイトも見られるようになるようです。

チラッと覗いてみましたが、結構、役に立つ情報がありました。


こんなことなら、定期購読にしておくんだった・・。


他の雑誌も定期購読にしようかな。


※建築知識 2008年11月号 『和風まるごと詳細図集』(CADデータCD付き)
欲しい人は、アーキストリンクまで、『建築知識欲しい!』とご連絡ください。
1冊、お譲りします。

→ info@archist-link.com
by tajimbo | 2008-11-21 20:05 | 仕事