ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

<   2007年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

皆さまへ

田嶋洋介です。

このブログを読んでいただいている方々にお知らせがあります。


私、田嶋はこの4月下旬をもって、(株)エクスデザイン アソシエイツを退職しました。

そして、新たに 『Archist LINK(アーキストリンク)』 という建築事務所を立ち上げました。

現在、(株)エクスデザイン アソシエイツにご依頼いただいている業務につきまして、構造設計業務のみをご依頼のお客様につきましては、(株)エクスデザイン アソシエイツにて引き続き構造設計業務を行います。

上記以外の意匠・構造・設備設計および監理業務は、アーキストリンクにて引継ぎ、ご依頼のお客様にはご迷惑をお掛けしないよう事務手続きも行っております。

関係者の方々にはご心配、ご迷惑をおかけ致しますが何卒よろしくお願いいたします。
by tajimbo | 2007-04-30 19:47 | 建築

大自然の中

a0049695_021485.jpg今日は大自然の中でバーべQでした。

友人のご両親がセカンドハウスとしている、岐阜の大自然の中の民家に大勢押し寄せて。
何人いたんだろ?20人ぐらいかな。

ご両親は今では趣味の陶芸から、本格的なガス窯も入れて地元の人たちを相手に陶芸教室もしてみえるそうで。

ほんと、いいところでした。



a0049695_0221839.jpgうちの子たちも山菜取りを教えてもらって、タケノコも掘ったり。


遠くない将来、こういうところにセカンドハウスを手に入れて過ごすことを目標に設定しました。

隣に小さな小屋でも建てさせてもらえないかな。
by tajimbo | 2007-04-29 23:59 | うち

土間コン打設

a0049695_211361.jpg今日は 「小牧の家」 の土間コンクリートの打設でした。

土間コンクリートにも打設の手順がいろいろあるのですが、今回はコンクリート打放しの壁があるので、まずは土間コンクリートを打設してから型枠を建て込みます。(下がコンクリートでないと型枠の精度が出にくい)

このあと、型枠、鉄筋と作業が進みます。
by tajimbo | 2007-04-28 21:09 | 仕事

帝冠様式

名古屋市役所と愛知県庁へ行ってきました。

さて、どっちがどっち?
a0049695_2054460.jpg

a0049695_2063686.jpg










答えは・・・上の写真が名古屋市役所、下の写真が愛知県庁。

どちらも「帝冠様式」(テイカンヨウシキ) という昭和初期の建築様式。
鉄筋コンクリートのビルの上に、和風の屋根をのせたかたち。
帝冠様式の代表作にもなっているこれらの建物は文化財にも指定されている。

ちょうど、愛知県庁では建物の耐震改修中で、建物の基礎の下に 「免震装置」 を入れて地震に対して備えようとしているみたい。

県庁や市役所といった、地震が来たときには大元の指揮系統をなす施設は、機能しなくなってはまずいので、ぜひ改修してください。
個人的には、帝冠様式の建物、嫌いじゃないし。
by tajimbo | 2007-04-25 20:22 | 建築

「味鋺の家」のその後

a0049695_1352653.jpg午後、先月竣工した 「味鋺の家」 へ追加で発注していただいたスポットライトの取付に伺いました。

リビングの吹抜と、2階の吹抜横の天井に 「配線ダクトレール」 が取り付けてあり、そこへスポットライトを5灯追加されました。

2階のダクトは天井の一番高いところについているので、2階の床からでも3.2mぐらいのところ。

ご年配のお施主さんには当然取付などはできないので、今日は私が6尺(1.8m)の脚立をもって取り付けに。

取付自体は10分ほどで完了。
その後、お茶とお饅頭をいただきながら、しばしお話を。


とにかくモノの多いお客様で、仮住まいされるとき、とり急ぎ必要ではない荷物は貸し倉庫に預けてみえたのですが、その第一弾の荷物でも結構、いっぱいになってました。

あさってには、仮住まいを引き払って本当の引越し。第二弾。

たしかに、いっぱい荷物がありますね。。
片付くには相当、時間がかかりそう。


「せっかくいい風に作っていただいたのに、荷物でいっぱいになっちゃって。
がっかりしないでくださいね・・・。」

って、申し訳なさそうにおっしゃってました。


いえいえ、私たちは 「お施主さんの家」 をつくったんです。
ご自由に、かわいがってください。
この家を育てていくのは、お施主さんです。
by tajimbo | 2007-04-23 23:59 | 仕事

何か意味があるのかしら・・・

今日、宅急便で荷物が届いた。

ダンボール箱で、タテ・ヨコ・高さもだいたい20cmぐらいの。

仕事で使うためにカタログを依頼したり、サンプルを依頼したりすることは多いのだけれど、ここ数日では、あるモノのサンプルをひとつ頼んだだけだし、その頼んだあるモノもそんなに大きいわけないので封筒かなんかで届くはずだし。

なにか荷物頼んだっけ?

a0049695_2024713.jpg開けてみました。

おおー!


その、あるモノでした。


ブラインドのカラーサンプル、5枚。


ブラインドのサンプル5枚に、なぜダンボール箱?

封筒がなかったからダンボールで?

経費を湯水のように使っていい会社?


昔からあるメーカーなんだけど、あんまりメジャーではない会社。
言い方悪いけど、あんまりパッとしない会社。

なんだか、わかるような気がする。
by tajimbo | 2007-04-19 20:35 | その他

すごい職人

a0049695_22381399.jpg写真、ピントが合ってなくて見づらいんですがね、「鈴」 です。

これ、一枚の小さな金属板からできてるんです。
当然、チリン、と音も鳴ります。





うちのAutoCADやコピー機、電話機なんかを導入してる、(株)大塚商会主催の講演会に行ってきました。

講師は、「携帯電話の小型の電池ケース」 や 「痛くない注射針」 の開発で有名な 岡野工業(株)の岡野雅行さん。


講演の冒頭では目の前のマイクを指して、
「皆さん、カラオケには一度や二度はいったことあんだろ、このマイクの頭の金網を丸くしてあるのも、おれがやったんだよ」って。

そんでもって次には、写真の鈴を会場の全員にプレゼント。

この一枚の金属板からできている鈴は 「絞り」 という技術で丸くしているらしい。
驚いたことに、今から45年ぐらい前に岡野工業で造って以来、未だにだれも作れないらしい。


江戸っ子口調というのか、落語を聴いてるみたいなしゃべりでポンポンと話をしていくのが楽しい。


誰もが 「作れない」 というものを造ってきた自身のものづくりの話の中で、大企業の設計の人間がいたる所に図面を持ち込んでも 「できない」 と言って断られてくるらしいのだが、

出来上がりの寸法などが描いてある「設計図」は描いても、造り方がわかってないんだから、できるわけがない。
自分には初めての挑戦でも、今までの多くの経験から、こうすればできるってピンとくる


のだそうだ。


いろんなことに挑戦し、経験を積んできた人の深ーいことば。

建築でも一緒。

この域に達するぐらいに、いろんな挑戦や経験を重ねたいものです。
by tajimbo | 2007-04-17 23:13 | その他

ザックザク

a0049695_1211515.jpg今日は 「吉根の家」 のお施主さんのEさん家と、Eさんのお友達のKさん家、うちの田嶋家とで去年に引き続き、潮干狩りに行ってきました。

去年と同じ海岸に行ったのですが、今年はまだ比較的時期が早いのか、ザックザクに取れました。


潮の引いた砂地を掘る、と言うよりは、そのまんま落ちてる、といった感じで。
「潮干狩り」 よりも、「貝拾い」 みたいな。
養殖のアサリを前日に撒いたのかな。

ちなみに、カメラマンは貝採りに夢中なので、子供たちが貝を採っている写真がありません。

しまった。
by tajimbo | 2007-04-15 23:59 | うち

ちょっとドキドキ

a0049695_21285072.jpg午前中は 「ダンス教室」 の現場でお施主さんと電気関係の打ち合わせ。

現場では、外壁のALC張りの最中です。


a0049695_21291672.jpg「小牧の家」 は昨日、基礎型枠の脱型(ダッケイ)でした。

今日は、基礎の出来の確認を兼ねて、長兄が掃除と基礎天端のレイタンス除去をしています。

コンクリートの状況を見るまではちょっとドキドキでしたが、ジャンカ(コンクリートが完全に充填されずに、砂利が見えて空隙が多い部分)もなく、完璧でした。

「総監督」 にもとりあえず、合格点を頂きました。


ただ、これから3階までコンクリートを打ち上げるので、これからも気が抜けません。
by tajimbo | 2007-04-14 22:08 | 仕事

基礎養生中2・ALC取付

a0049695_1845817.jpg今日も朝から 「小牧の家」 の散水養生へ。

今回の建物は、お施主さんのご実家の母屋の横に建てています。
母屋にはお施主さんとご両親がおみえなのですが、お施主さんのお父様は以前は土木系の工事の現場監督(現場代理人)をしてみえた方で、云わば今回の工事の 「総監督」 。
建設工事には当然詳しく、また、工事の流れや職人の気持ちもご理解していただいており、非常にありがたい存在です。

「厳しいご指導」 いただきながら、満足していただける建築をつくらねば。




a0049695_18452722.jpg午後は 「ダンス教室」 の現場へ。

外壁のALC版を張ってます。

こちらの現場もお施主さんのご実家の隣に建設していて、お施主さんのお父様が機械系の設計をしてみえたエンジニアで、こちらも厳しいご指導頂いてます。。



でも、先日はお食事も誘っていただいたり、現場見た後はお茶でも飲んでけ、という感じで、可愛がって頂いております。
by tajimbo | 2007-04-12 19:01 | 仕事