ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

<   2006年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

今年の終わり

2006年ももう終わり。

今年もいろいろとありました。

今年もがむしゃらに走った1年でした。

いろいろな事柄の一つ一つが、

人としての幅と深さを広げてくれていると信じて。

損とか得とかではなくて。


みなさん、今年もいろいろと経験させていただきまして、ありがとうございました。



来年もいろいろとあると思います。

だから、来年もがむしゃらに走り続けようと思います。

みなさん、来年もよろしくお願いいたします。
by tajimbo | 2006-12-31 23:59 | その他

仕事納め

今日は、夕方に計画案 「各務原の家」 のプランを持って打ち合わせ。

これで、今年の仕事納めとなりました。

対外的には。


実は、描かないといけない図面が結構ありまして。

この年末年始に仕上げちゃわないと。

相変わらず休めないなあ。
by tajimbo | 2006-12-30 23:59 | 仕事

外壁透湿シート

a0049695_2039977.jpg「味鋺の家」の外部はダイライトも張り終わり、その上に透湿防水シートの 「タイベック」 を張っています。
その上から通気胴縁を打ちつけています。

この後、ガルバリウムのK型スパンドレル(凸凹のガルバ)を張っていきます。
by tajimbo | 2006-12-26 21:06 | 仕事

ちょっとまずいかも

いつも、自動車通勤している私は、車の中で本を読んでいる。
さすがに運転中は読まないけど。
赤信号であったり、コンビニに寄ったときなんかにちょっとずつ読んでる。

建築の月刊誌であったり、実用書だったりいろいろなんだけど、
最近、同じ本を2度買ってしまうことがたまにある。


読み進めていくと、なんだか聞いたことある話かな?なんて思いつつ、
あれ?何か覚えがあるぞ?っていうことで家だとか車の中だとかを探すと
同じ表紙の本が出てくる。

ああ、やっぱり…。


本屋だとかアマゾンで無意識に買ってしまうんだけど、
その本を買おうという目的意識は1冊目も2冊目も多分同じで、
自分の目的意識がブレてないことを再認識するのはいいんだけど、
1冊目の記憶がまったくないと言うことは、その本が自分の頭の中に入ってないって言うことで。


ちょっとまずいかも。


まあ、同じテキストを何回も読んで身につけるという意味ではいいかもしれないけど。
お金ももったいないわね。
by tajimbo | 2006-12-25 21:17 | その他

やっぱり、世間は狭い

昨日の土曜日のことだけど、以前勤めていた設計事務所を辞めて、それぞれの方面で頑張っている仲間達とOB忘年会をしました。
仲間とはいっても先輩ばかりですが、私が幹事を仰せつかりまして。

個人で設計事務所を開いている人、工務店をやってる人、ゼネコンの設計部に行った人、設備会社に行った人、みんなそれぞれの方面で頑張っているようです。

やっぱり、一時は一緒に働いた仲間なんで信頼もできるし、結構、仲間内で仕事をしたり手伝ったり、現場で偶然出合ったりなんて、結構つながりはあるもんです。


そんな忘年会に、なぜか、女性が二人。

むさくるしい男ばかりの忘年会を憂いた気の利いた先輩が、華を添えるために?知り合いの女性を招待してくれました。


そしたら、同級生でした。

わたしの。高校の。二人とも。

世間は、大変狭い。

そんでもって、その二人とも建築関係の仕事してるし。


会社のOB会のはずが、高校のOB会になっちゃいました。若干3名は。
まあ、OB会はOB会だからいいか。

それはそれで楽しいひと時が過ごせてよかったよかった。
by tajimbo | 2006-12-24 22:40 | その他

ぐるっと遠出

a0049695_174131.jpg朝から各務原に行ってきました。
初期プランの作成をご依頼いただいたSさんの敷地の現地確認と、役所での確認事を。

いやー、いいとこでした。
敷地は写真中央に見える住宅地の中ですが、後ろに山を抱えた住宅地の中でもさらに、整備された池の隣の敷地で、自然を感じることもできるし、借景もできるし。

早速、このいいロケーションを活かしたプランを作らねば。


現地を見た後、各務原市役所の建築指導課に行って用途地域だとか、法規的な規制だとかを確認してきました。



a0049695_17162790.jpgその後、設計事務所時代、初めて設計チーフのようにして設計させて頂いた 「木曽川図書館」 に立ち寄ってきました。
ナンダカンダで8年ぶりぐらいでした。

設計・監理の時に大変お世話になった担当の方も、役場におみえになるとお聞きして役場に顔を出してみたのですが、あいにくのご不在で会うことはできませんでしたが、当時の思い出がいろいろと蘇ってきて懐かしい思いがしました。


設計当時は入社4年目で、まだチーフ的な立場で全体を見ながらの設計ということを経験したことがなかったので、苦しんで、苦しんで。
毎日夜中の3時とか4時ぐらいまで設計してました。
今思えば、ただ単に、要領が悪かっただけかも知れないけど。

それも今の自分を支えてくれている貴重な経験でした。
人間、「経験がすべて」 だからね。
by tajimbo | 2006-12-20 17:36 | 仕事

いろいろと

今日は朝からいろいろと。

朝一番9:00着で 「小牧の家」 の確認申請関係で小牧市消防本部へ。

そして、10:00から 「味鋺の家」 の確認検査機関の中間検査。
もちろん、何の問題もなく合格。
そのまま、お施主さんに現場にお越し願って、電気のコンセントやスイッチの位置等の確認をさせていただき、江本板金さんとちょいと打合せ。a0049695_19242411.jpg
外壁の水切りをつけてもらいました。









その後、一度事務所に戻って、打合せと図面描き。


a0049695_19263689.jpg夕方に 「ダンス教室」 の柱状改良の監理へ。

今回は鉄骨造の3階建てですが、基礎の下に杭ではなくて柱状の地盤改良を行います。
写真右が 「プラント」 。
袋に入っているのが 「セメント系固化材」。

基礎下部分を柱状に掘削しながらその土と、固化材と水とを混ぜてどろどろにしたものを攪拌して 「柱状改良体」 を作ります。
by tajimbo | 2006-12-19 19:44 | 仕事

屋根板金

a0049695_22195849.jpg「味鋺の家」 の屋根です。

いぶし銀のような 「銀黒」 のガルバリウム鋼板の瓦棒葺きです。

「味鋺の家」 も 「吉根の家」 でも施工していただいた、こだわりの江本板金さんです。
棟のてっぺんで換気をとる 「換気棟」 もきれいに納めてもらえました。

きちんと納めることは当たり前だとしても、同じように納めることでもカッコよく見えるようにとか、いろいろと考えて納めてくれるので大変助かります。
最近の私の設計物件では、江本板金さんに特命でお願いすることにしています。
by tajimbo | 2006-12-15 22:39 | 仕事

お役所 2

ついに、温和なわたしも 

キレマシタ。

春日井市役所の建築審査課で、机をたたいて

キレマシタ。



春日井の、ガケを背面にした敷地にある工場の増築。

既存の工場の背面に、愛知県の林務課が治山事業として今回のお施主さんの土地内に施工して管理までしている 「お役所のヨウ壁」 がある、なぜだかよくわからないけど。
そんでもって、前面は河川が流れてて、敷地に接して同じく愛知県の管理している「護岸ヨウ壁」もある。

「治山事業のヨウ壁」 と「護岸ヨウ壁」 が 「ガケ地条例に適応するヨウ壁」 かどうかを、建物の増築設計をするわたしに調べろと言う。
そんなもん知らんがな。

「治山事業のヨウ壁」 「護岸ヨウ壁」 がどんな基準で作られ、どんな構造をしているかもわからないので、愛知県の尾張建設事務所に聞きに行くと、小学生が描いたような図だけがあって詳しい資料は残ってないと言う。


またまた、春日井市役所へ行って、愛知県に詳しい資料が残ってないので、調べようがないと言うと、

市の担当者は 「それは市には関係ない」。



ブッチン。



「県がやった(施工した)ヨウ壁の、その資料がないと言われているのに、こちらがどうやって調べろって言うんだっ!!」

「だったら春日井市が愛知県に資料を出して今すぐもってこいって言えっ!」

「※▲□○※%!!!!」

      ・
      ・
      ・
      ・

えらい剣幕で

キレちゃいマシタ。



無責任なアホ役人はほんと要らない。

でも、ちょっとスッキリ。
by tajimbo | 2006-12-14 20:50 | 仕事

構造関係

a0049695_16164269.jpg「味鋺の家」 は外壁の構造用面材 「ダイライト」 を張り始めました。

足場との隙間が狭いので、ダイライトを張るにも難儀してます。

釘はステンレス製のダイライト専用釘を使い、釘がダイライトにめり込まないように、釘打ち機で打ち付ける釘の圧力も弱めの設定にして、釘あたま1cmぐらい出るように軽く打ち付けてから金づちで最後までたたく、ってやってます。
a0049695_1627218.jpg外壁廻りは筋交いを入れずにダイライトで構造的に必要な壁量を確保していますが、内部に一部、筋交いを用いています。

写真は筋交いと筋交い金物が取り付いているところです。
今回は構造体の仕口はクレテック金物を用いているので(梁下の2本のスリット部分)、ごく一般の筋交い金物(ボックス金物ともいう)は上部の梁にはビスを打てないので柱と筋交いとをビスで固定する認定金物を用いています。
by tajimbo | 2006-12-11 16:32 | 仕事