ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

カテゴリ:仕事( 734 )

CADのバージョンアップ

a0049695_1155970.jpg
また、CADのバージョンアップです。

福井コンピュータ(株)の住宅専用3次元CAD 『アーキトレンドZ』 です。

ソフトとしては秀逸です。(たぶん・・・)


追加の保守とバージョンアップで24万円ちょいです。

使いこなせば、安い投資という事になると思います。使いこなせば・・・ね。
by tajimbo | 2013-02-26 01:18 | 仕事

インスペクター(住宅診断士)

今日、先日受験した 「ホームインスペクター」 の合格発表でした。

まだ始まったばかりの民間の資格です。
試験前日に過去問題集を初めて開いたというのに、合格してました。
合格率25%でした。
a0049695_20163719.jpg




そもそも、「ホームインスペクター」 ってほとんど聞かない資格です。

一応、日本ホームインスペクターズ協会のホームページには・・・

公認ホームインスペクター(住宅診断士)とは、住宅全体の劣化状況や欠陥の有無を目視でチェックし、メンテナンスすべき箇所やその時期、おおよその費用などを「中立な立場」でアドバイスする専門家です。


とあります。



現在の世帯数の114%ぐらいはあると言われている既存の住宅。

全世帯が住宅をもったとしても、14%は空き家で余ってしまう状況。

既存住宅にも質の高いものから質の悪いものまでありますが、それらを第三者として客観的に調査、診断することで、既存住宅を適正に評価をし、中古流通市場でもわかりやすくしていこうという流れの中での、「診断士」ということです。



現在、マンションや住宅の修繕や耐震改修の依頼が多くなってきたので、ついでに取ってみようと。

まあ、この資格がどうやって活かせるのかはまだまだよくわかりませんが、「普通運転免許」、「一級建築士」、「木造住宅耐震診断士」、「車両系建設機械(バックホー)」に次ぐ、新たな資格です。
by tajimbo | 2012-12-04 20:30 | 仕事

候補地の現地確認(2)

昨日、大府で土地を探されているEさんから連絡があり、先日の土地とは違う土地がチラシで売りに出たとのご連絡を受けました。
(先日の土地は見送ってました)


昨日の段階でEさんは現地を見たそうですが、私にも見てもらえないか、とのことで確認に行ってきました。

a0049695_12242633.jpg


既存の建物が建っていますが、売り物件の看板も出て、近いうちに解体され更地になるようです。買う時には「更地渡し」です。

都市計画法上の用途地域や建築基準法の制約、隣地との関係性など、やや厳しいところもありますが、解決策はいくつかありそうです。


不動産屋さんに問い合わせたところ、先客と「商談中」とのこと。
やはり、なかなか土地が売りに出ないエリアなので、すぐにお客さんが付いちゃいますね。

さて、今回の土地はご縁があるでしょうか。
by tajimbo | 2012-10-07 11:39 | 仕事

久しぶりのコメ兵

先日、先輩で友人でもあるchoさんと会いました。

choさんは大学の研究室の先輩で、設計事務所で一緒に仕事をした仲です。

choさんと一緒に仕事をしたうちの一つが 『大須のコメ兵』。

先日会ったときにchoさんが久しぶりにコメ兵に寄ったそうで、

設計当時から大きくは変わってなかったよと聞き、私も久しぶりに覗いてきました。

(そもそもすぐ近くで事務所を構えているのに、10年ぐらいは中に入ってません…)

a0049695_1331054.jpg



設計したのは、12~13年ぐらい前ですかね。

確かに、完成当初からあまり変わっていない感じでした。



中をぐるぐると歩きながら、ああ、こんな風だったなーと、いろいろと思い出しました。

既存にあったコメ兵ビルを3倍くらいに増築したんですが、

当時の大店法だとか、防災評定とか、名古屋市の消防との折衝だとか、

とにかく大変だったのを思い出しました。



今は、こういったビルものを設計することもなくなったので、懐かしいものです。
by tajimbo | 2012-10-05 13:31 | 仕事

長屋の耐震改修

a0049695_2153164.jpg

岡崎市の商店街にある築62年の古い長屋。

もともと魚屋さんを経営していたお施主さまが、息子さんの住居にできないか、とのことです。

元は長屋なので奥に長ーい「ウナギの寝床」。

でも、新築当時、宮大工に建ててもらったとのことで、柱や梁は立派なイイ材料が使われ、今では年季の入ったイイ色になっています。
また、造作などの職人仕事もイイ仕事がしてあります。

お施主さまが建物を残して使い続けたい、というのがわかります。

ただ、両サイドはお隣さんとの隙間はほとんどなく、外壁の仕事や耐震絡みの仕事も外部からはできません。

正面の間口方向には耐震壁がまったくないし、基礎も鉄筋のない無筋コンクリートだろうし、そもそも石の上に土台が乗せてある石場建てだろうし…いろんな意味で難しい建物です。

正直、ほとんどに手を加えると、新築と同じだけまたはそれ以上にお金がかかります。

既存建物の再生は、いろんなことをクリアしていかないといけないので、新築よりも大変です。
by tajimbo | 2012-09-23 21:20 | 仕事

仕事道具

いつも使う仕事道具が壊れてしまい、急遽、新調しました、コンベックス(スケール、メジャー)。

a0049695_15184524.jpg


いつもの、「tajima」ネーム入り。

現場監督時代に、足場の上からお隣さんに落としてド叱られた経験から、必ずベルトにホルダーを通してカチャッとやるタイプじゃないとダメ。

このコンベックスはメモリが両面に描かれてるものGood。
んで、5.5mのタイプで一番コンパクトなヤツ。

同じタイプを3代くらい使ってます。

人それぞれですが、プロは道具もきちんとこだわらないと、ね。
by tajimbo | 2012-09-11 12:53 | 仕事

なんでも屋さん

ずーっとお世話になっている中区のマンション。

集合郵便受けのカギの交換工事を依頼され、その交換。

a0049695_22205366.jpg


現在の集合郵便受けでは見られない、スチール+ステンレス製の引出し式の郵便受けです。

当時も特注です。

この郵便受けは入居者さまには評判で、数年前にエントランスの改修工事を行った時にもこのポストは残したいというご要望が多くあり、ポスト本体はそのままに、ポストの周りを家具調にして雰囲気を代え、築40年ほどですが現役です。




アーキストリンクは一応、メイン業務は設計のつもりですが、最近はいろんなご依頼が多くて、建築の 「なんでも屋さん」 になってます。

設計事務所だから設計しかやらない、というまっとうなご意見もありますが、目の前でお客さまが 「どこに頼んだらいいかわからない」 とお困りであれば、やるべきだと思うんです。

たまたま工務店の経験や人脈があるんだから。
by tajimbo | 2012-09-05 22:46 | 仕事

候補地の現地確認

今朝、以前から大府市内で土地を探されているEさんから連絡がありました。

最近、一つの土地が売りに出たとのこと。

なかなか売地が出ないエリアで、売りに出たとしてもすぐに売れてしまうエリアなので、急遽、大府まで現地を確認しに行ってきました。

a0049695_1824563.jpg

候補地は写真にある池の向こう側です。

まだ現在の所有者の方が住まわれているため状況の詳細な確認はできませんでしたが、土地の物理的なもの、法的なものなど、いろいろな条件が重なっていて一筋縄ではいかない土地ですが、その分、相場価格からはずいぶんとお安い価格。

基本的に、土地に「お値打ち」はなくて、安いなら安いなりの訳があり、高いなら高いなりの訳があります。

でも、安いなりの理由には、知恵と工夫とでクリアできるものもあります。

その辺りのベストな着地点を探るのが私たち設計士の仕事です。


私的には、その土地の購入は「アリ」だと思います。

早速、土地に関する資料や私が撮ってきた写真、こんな感じで建てるのもアリですよというラフスケッチをEさんにお送りしました。


Eさんもこれから検討されるようです。
by tajimbo | 2012-08-31 18:06 | 仕事

色を

先日から片手間に行っている事務所のレイアウト変更。
昨日の夜中、ダンボールに入りっ放しだった打合せテーブルとイスをやっとセットしました。

殺風景な事務所に爽やかな色が入り、明るい感じになりました。
a0049695_1340913.jpg

by tajimbo | 2012-08-30 13:36 | 仕事

丁寧さの不足?

春日井のマンション。
駐車スペースの地面(アスファルト)が下がってデコボコになり、水も溜まるし、と言うことで、原因調査とデコボコの復旧工事。
a0049695_14242564.jpg



給水管や排水管も通っているので配管からの漏水も合わせて確認しています。

配管からの漏水はないので、新築当時の地面の締め固め不足(転圧不足)が原因と思われます。

実は、写真の場所だけではなく、いたるところがデコボコになっています。
新築当時、引き渡し前の最終工事となる外構工事において、工期がタイトになった影響などで丁寧な施工がなされなかった可能性もあります。


丁寧な仕事かどうかは10年後、20年後に現れます。
建築業界は残念なことに「安かろう悪かろう」の世界です。
明らかに安すぎる工事は注意が必要です。
by tajimbo | 2012-08-23 14:23 | 仕事