ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

カテゴリ:Eマンション排水管更生( 15 )

漏水事故

ここ数年で排水管からの漏水事故が重なったことから、昨年に排水管の更生工事(ライニング工事)を行った西区のマンション。

今日、管理会社の担当さんから電話があり、どうも、昨年工事した排水管付近から水漏れがあり、下階にまで被害が出ているとのこと。

大至急、施工した会社に連絡を入れ、夕方に現地に向かいました。

結論的には、前回工事の排水管からではなく、全然別の給湯管からの漏水でした。

前回工事の範囲外ということで、とりあえずはホッとはしましたが、とは言え、6階からの漏水で5,4,3階まで漏水していましたので、今後は補修工事などの対応が必要です。


築年数が25年を過ぎると、排水管や給水管、給湯管が軒並み悪くなります。

それらの配管は、普段は入居者の方々の目に見えないところに配管されていることが多いので、漏水等の事故が起こって初めて劣化に気づくのがほとんどです。

マンションの水の事故は廻りへの影響が大きいので、時期が来たら、事故の有無にかかわらず劣化調査をする事をお勧めします。
by tajimbo | 2012-02-01 23:59 | Eマンション排水管更生

漏水

先月、排水管のライニング工事を行ったEマンションの理事長さんから連絡をいただき、最上階で漏水があるので見て欲しいとのことで、急遽、漏水の現場へ。


設備業者さんがすでに修繕の段取りをして駆けつけていました。
a0049695_73079.jpg


和室の天井裏には確かに「通気管」という、排水管の内部の空気をスムーズに排出し、排水管の排水の流れを良くするための設備配管がありました。

この通気管自体には、排水が流れるわけではなく、あくまでも空気が通る管です。
ただし、排水管の内部の空気が通るので、ほぼ湿度100%の空気が通る管です。
ですので、通気管の内部には、管内で結露した水が流れることになります。


その通気管のジョイント部分に黒いシミが。

以前から漏れていた形跡です。


取り急ぎ、配管をきちんと接続しなおして、排水管は直しました。

後日、和室の天井を直すことになります。
by tajimbo | 2011-03-29 23:59 | Eマンション排水管更生

最後の補修工事

Eマンションでは排水管のライニング工事は完了していますが、調査の結果、一部の排水管で漏水が確認されたため、その配管の補修工事を行っています。
a0049695_23134024.jpg


温水器の下のコンクリートに打ち込まれた、排水管です。

温水器をどけて、コンクリートをハツリ、配管を補修して、再度コンクリートを打って、温水器を戻します。

現在のマンションでは、下階への漏水があった場合に補修工事が大変なので、コンクリートに配管を打ち込むことはしないのですが、昔のマンションでは当たり前のようにあります。

こういった良くない例を身をもって体験すると、新しい建物を設計するときに留意して設計ができます。

これも設計ノウハウの一つとなり、いい勉強になります。

職人さんは大変ですが・・・、ご苦労様です。
by tajimbo | 2011-02-26 23:14 | Eマンション排水管更生

配管補修

Eマンションでは、全体的な排水管のライニング工事はほぼ終了しました。

ただ、一部の住戸では、コンクリートの中に打ち込まれた配管に穴が開いていて、コンクリートをハツって補修しないといけない住戸があります。
a0049695_7503344.jpg


写真はボケボケですが…、室内に設置されている電気温水器の脇にある配管まわりのコンクリートをハツっています。

電気温水器スペースの横にある押入の壁を破って、ハツっています。

職人さんも狭い中、数人で作業していますので、ボクなんかは邪魔なんですよね…。

いろいろとトラブルもあったりしましたが、あと数日で無事終了してくれるといいのですが。
by tajimbo | 2011-02-23 23:59 | Eマンション排水管更生

早め早めのメンテナンスを

今日もEマンションの現場へ。
a0049695_10302426.jpg


やはり築30年のマンションでは配管が相当、劣化しています。

今日の施工分の4戸でも、1件、排水管からの漏水がありました。

今日一日では直せない部分でしたので、日を改めて補修することになりました。

やはり、悪くなる前の、早め早めのメンテナンスの重要性が痛感させられます。

皆さんも、早め早めのメンテナンスを。
by tajimbo | 2011-02-16 23:57 | Eマンション排水管更生

ライニング施工中

a0049695_3291125.jpg

Eマンションでは排水管のライニング工事が進行中です。

写真は、排水管内部をコーティングするライニング用の樹脂です。
ドロッとした樹脂を流し込んで均一に配管内部をコーティングすると、1時間程度で硬化して、新しい樹脂製の排水管が古い鉄管の中に形成されるような感じです。


今日までで、102、202、302などのタテ方向の「2号室系統」のライニング施工中です。

8階建てなので102から802号室までありますが、鉄管の排水管内部の錆を研磨したところ、そのうちの3住戸で錆が進行しすぎていて、錆の除去と同時に排水管に穴が空きました。

それらをその場で補修しながらの施工ですので、時間がかかっています。

基本的に1日分の施工住戸を決めて、その住戸の施工は夕方までに完了するように予定を組んでいますが、配管に穴があくなどの突発的なトラブルがあると現場は慌ただしくなります。
by tajimbo | 2011-02-15 23:58 | Eマンション排水管更生

配管トラブル

a0049695_2133246.jpg

今日は、朝にEマンションの排水管ライニング工事の現場から、1階の土間コンクリート下に配管されている排水管を高圧洗浄していたところ、排水管が外れているようだと連絡が入りました。

急遽、現場に行って排水管内部をカメラで確認したところ、確かに塩ビの排水管が外れてる…。

古い建物でコンクリートの床下に通っている配管は、経年で床下の土が下がってしまう時に、一緒に引っ張られ、割れたり外れたりすることがあります。

この排水管はライニングを行う配管ではなく洗浄のみの配管のため、とりあえずはライニング工事には直接的な支障はありませんが、外れた配管を直さなくてはなりません。

マンションの管理組合の承認や工事費の算出をした後、コンクリートの土間をはつって、排水管を直す工事をすることになります。
by tajimbo | 2011-02-12 21:47 | Eマンション排水管更生

ライニング開始

準備工事も終わり、今日からEマンションのライニング工事の開始です。

a0049695_3351973.jpg


今日は401号室から801号室まで、タテ系列の5戸の排水管を、内部を砂利で研磨しライニングまで行います。

排水管の内部の研磨状況は逐一カメラで確認しながら進めます。

2週間ぐらいで32戸の住戸のすべての配管をライニングしていきます。
by tajimbo | 2011-02-09 23:59 | Eマンション排水管更生

排水管ライニング工事の着工

今日から、Eマンションの排水管更生工事(ライニング工事)の着工です。

今までは、施工業者さんの方での入居者の方々の在宅確認や事前準備でしたが、今日からはマンションの敷地内での準備作業となり、明日から本格的な工事が始まります。

a0049695_15564079.jpg


グレーの防音シートの中には、強力吸引車がセットされています。

簡単に言うと、バキュームカーみたいなものです。

排水管の中に各住戸から砂利などを投入して、1階でこの吸引車で吸引します。

排水管の中を砂利が通過するときに、排水管の内部を研磨していくのです。

その後に、砂利に代わってライニング用の樹脂を流し込んで、排水管の内部をコーティングしていきます。
by tajimbo | 2011-02-07 16:06 | Eマンション排水管更生

事前の工事説明会

今日の午前中は、Eマンションの排水管更生工事の事前工事説明会でした。

マンション近くのコミュニティセンターに入居者の方々にお集まりいただいて、施工業者の方に詳細に工事の内容、注意事項などを説明してもらいました。

工事説明会の後、数戸の住戸を調査させていただいたのですが…外は結構な雪でした。

a0049695_21572077.jpg


そうそう、マンションの管理組合のF理事長さんがこのブログをご覧になってみえるそうで、楽しみに見てますよ、と声をかけていただきました。ちょっと恥ずかしいですね…。

でも、ありがとうございます!
by tajimbo | 2011-01-16 22:05 | Eマンション排水管更生