ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

カテゴリ:長久手の家( 21 )

久しぶりに

今日は久しぶりに「長久手の家」にお邪魔してきました。

浴室の天井の塗装が少々はがれてきてしまったので、再塗装の補修です。

塗装自体は2時間程度で終了したのですが、職人さんと一緒にコーヒーまで頂いてしまいました。



築4年ほどですが、お庭を含めてキレイに手入れしていただいています。

庭に植えたモミジがキレイな緑色でした。
a0049695_18193618.jpg

by tajimbo | 2012-05-18 18:19 | 長久手の家

月刊

月刊ハウジングに「長久手の家」がほんのちょっとだけ、掲載されています。

お施主さまと、楽しみながら実現させたちょっとした工夫や遊び心が編集の方にはウケているようで、誌面で紹介したいと時々ご連絡を頂きます。

ありがとうございます。

a0049695_22244278.jpg

by tajimbo | 2011-08-24 22:25 | 長久手の家

久しぶりに

今日は、急遽、「長久手の家」のCさんと大須で飲みました。

2軒ハシゴして、男の深〜いトコロの想いを語り合いましたー。

久しぶりに一緒に飲みましたが、色々と勉強になりました、Cさん。

また、飲みましょう!
by tajimbo | 2011-05-17 23:57 | 長久手の家

長久手の春

今日の朝、久しぶりに 「長久手の家」 のCさんからメールが届きました。

建物を引き渡した後、しばらく経ってから造園屋さんの川島さんに造園をお願いしたんです。

造園当時のブログ


おはようございます。

家の庭に、春が来ました。

思いもよらない花が咲いてきて、造園屋さんの偉大さに、家族みんなで喜んでます。

a0049695_1415581.jpg


シンボルツリーとして玄関の脇に植えた、ジューンベリーの樹に、たくさんの花が咲いたようです。

その他の花も咲いてきて、心癒されているそうで、何よりです。

さすが造園のプロ。

ボクも、お願いしてよかったです。
by tajimbo | 2011-04-13 14:13 | 長久手の家

植栽工事

今日は 「長久手の家」 の植栽工事の日。

3時ごろに覗いたら、ちょうど完了したところでした。
a0049695_1749221.jpg

a0049695_1813323.jpg
コンクリートの列柱は先日正栄工務店での施工で完了していましたが、列柱から内側に芝張りと植栽をいろいろと植えてもらう 「植栽・造園工事」 です。

道路側の見た感じは、四角と尖った建物に合わせてコンクリートの打放しでちょっとクールなイメージ。
その列柱の隙間から低木や草木が透けて見え、上部から中木が見えるようにデザインしています。




a0049695_1755644.jpg
建物と列柱との間を前庭として芝を張り、草木、低木、中木などを織り交ぜ、葉が色づいたり、花が咲いたりと季節ごとに色づくように川島さんに考えてもらって植えています。

すんごく、イイ感じ。

Cさんも大満足でした。

竣工当時にCさん自身で植えたシマトネリコやナンテンなどの既存樹木も、造園屋さんのアドリブで、今回のお庭に植えなおしてもらっています。




a0049695_1861766.jpg
今回のC邸のシンボルツリーは 「ジューンベリー」。

ちょうど実がなっている樹を入れてもらいました。
実際に食べてみたら、リンゴのような味。
これは近所の子供たちに食べつくされるかも?


川島さんが稲沢の植栽屋さんを3軒ぐらい廻って、すんごくいい感じの樹を見つけてきてくれました。
いい感じのジューンベリーがなくて、あきらめようかと思ったところに、1軒だけ、いい感じのジューンベリーがある植栽屋さんがあったそうです。

川島さん、ありがとう!


大満足のCさんは、川島さんに、玄関の通り土間から正面に見える裏庭にも植栽工事をお願いしていました。


植栽の緑色、風に葉が揺れるサラサラとした音など、視覚、聴覚、嗅覚、味覚?を癒してくれる自然の木々はやっぱりイイですね。
by tajimbo | 2010-06-03 18:19 | 長久手の家

外構の列柱

昨日の午後のことですが、Sマンションの打ち合わせの後 「長久手の家」 へ寄りました。

3月ごろから打ち合わせを行い、工事を進めていた外構の工事が先日完了したためです。
a0049695_482262.jpg

建物の完成当時に施工した、ポストや表札、インターホン、門灯がセットになった一番左のコンクリート打放し門柱と同じデザインの連続で、15cmx15cmのコンクリート打放しの列柱を15cmの隙間を空けて並べるデザインとしました。

建物の外観の形や外壁のシルバーのガルバリウム、コンクリートの打放しなどから、外構の塀もクールで堅いイメージでデザインしました。

列柱の手前の砂利敷きの部分は、来客時の駐車スペースです。


a0049695_48509.jpg

上の写真が外構のコンクリート列柱を施工する前です。
今まで外構にほとんど手を加えていなかったのですが、道路際があまりにもオープンで、道路を歩いている人からのリビングやダイニングへの視線が気になることなどもあり、建物との間に「境界線」を意識させる塀を作ろうということで進めていきました。

かといって完全に遮断したような塀ではなく、内外からの視線や風も通しつつ目隠しにもなるような塀となるように、今回のような「開口率」50%の列柱にしました。


この後は、最近有名になった?川島さんに植栽の工事をしてもらう予定です。
by tajimbo | 2010-05-10 23:59 | 長久手の家

月刊ハウジング掲載

a0049695_15512619.jpgそういえば先週、月刊ハウジングが1冊送られてきました。

実は、5月号に「長久手の家」が再掲載されました。

「収納プランのアイデア30」ということで、「長久手の家」の収納の間取り図と写真が小さく・・・。
多分、誰も気がつかないぐらいに。

それだけのために、Cさん家とボクに1冊ずつ、送られていると思います。

まあ、掲載していただけるのはありがたいことです。
by tajimbo | 2010-03-23 15:57 | 長久手の家

造園打ち合わせ

今日は「長久手の家」のCさん家で造園屋さんと一緒に打合せ。

お庭に植栽や芝などをしたいということで、いつもの造園屋さんの川島さんと一緒にお伺いしました。

植栽に関しては植栽・造園プロにお聞きした方がいいので、昨年の「岡崎の家」も川島さんにお願いして植栽や庭づくりの提案をしてもらい、実際に施工もしていただきました。

↓「岡崎の家」のエントランスコート。
a0049695_23562765.jpg


川島さんは「樹木医」でもあり、当然なんですがボクよりも樹木に詳しいのです。
(比較するのも失礼ですが・・。)

ちなみに「樹木医」になるには、樹木の診断・治療等に関する実務に7年以上の経験が必要だそうです。
「建築士」の2年以上と比較しても大変な資格ですね。




いろいろと話を聞いていると、ただ植えればいいというものでもなく、その地方に合った樹木やそうでないものがあったり、敷地の土の状態によっても根の廻りの手の掛け方や普段の手入れの仕方などもいろいろと教えてもらいました。


「既存の樹木で邪魔になるものは処分しても…」という話になった時に、出来るだけ移植して活かしましょうということになり、川島さんに『生きてますから』と言われた時には、恥ずかしながらハッとさせられました。

建築をする者は、すでに植わっている樹木が邪魔だからと処分してしまいがちですが、出来る限りは「生かす」ことが必要ですよね、生きものですものね。



今日の打合せをもとに川島さんに植栽の選定とレイアウトなどを提案してもらうことになりました。
今日も有意義な打合せでした。
by tajimbo | 2010-03-13 23:58 | 長久手の家

地区計画の届け出

今日は午前中に、「長久手の家」の外構工事前に提出しないといけない届け出を提出してきました。

長久手町のこの地域は、「地区計画」という建築に関しての規制があります。

特にこの地域の地区計画では完全に目隠しになる塀や垣根は作れない事になっていますし、アルミフェンスなどの塀でも届け出が必要な、ちょっと、面倒な地域なんです。



昨日、下打ち合わせに出向いて確認していたため、今日の届け出の提出は特に問題なく受領してもらえました。
by tajimbo | 2010-03-09 23:56 | 長久手の家

外構の打ち合わせ

今日は「長久手の家」のCさん家へお伺いして、外構工事の打合せを。

引渡し後は、建物の前庭は車が留められるように砂利敷きをした部分と、Cさんがご自分で植栽を買ってきて植えた部分とがありましたが、道路からの目隠し塀やお隣さんとの境の塀なども検討されているとのことで、外構の計画案を2案と、それに対しての工事見積をお作りしてお持ちしました。

建物のデザインと合わせて、どちらも通風と目隠しを兼用した案として、一つはコンクリートの列柱を並べる案、もう一つは穴あきのコンクリートブロック積む案です。

奥さまともデザインと見積とを検討していただくことになりました。





a0049695_21443018.jpgちなみに昨年竣工した「岡崎の家」でも、穴あきのコンクリートブロックを使って目隠し兼通風の塀としています。
by tajimbo | 2010-03-05 21:46 | 長久手の家