ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

カテゴリ:未分類( 33 )

修繕から学ぶこと

昨日、今日と小牧市のマンションの大規模修繕に向けてのバルコニー調査。

a0049695_14182211.jpg


調査させて頂いた住戸の全戸にクラック(ひび割れ)として出ていた不具合。

腰高までのバルコニー手すり壁に開けられた10cm幅のスリットの上のコンクリートが必ずひび割れてます。

開口部の周りにはクラックが入りやすいということは設計者であれば誰でも知っていることですが、10年後、20年後に実際にどうなるのかということを知らないで設計してしまうと、こうなります。

昔から通説として言われていることは、理論的にもそうですが、膨大な経験則からも実証されていることが多いものです。



リフォームや改修というと、新築の設計からすると、日の当たらない地味な仕事、デザイン性のない仕事として敬遠されがちですが、数十年と建物を維持していく責任のある設計という仕事には、学ぶものは新築よりも多いものです。
by tajimbo | 2013-04-14 13:49

村上春樹

午前中、丸善に寄りました。

忙しくて時間がないと言いつつ、レジのすぐ横に並べてあるんで…。

実は、村上春樹作品、読んだことないです。
話題の新作ということで。
ミーハーです。


そのうち、ゆっくり読みます。
a0049695_073841.jpg

by tajimbo | 2013-04-13 00:02

エントランスの改修

中区のマンションのエントランスを改修中です。

既存は濃い茶色のタイルが張ってあり、どうしても暗いイメージであったことと、年配者や手足が不自由な入居者の方々多くなってきたこともあり、明るくイメージアップを図りつつ、ドアを自動ドアへと改修します。

下は改修前の状態。
a0049695_13311838.jpg


こちらは、自動ドアの枠は設置され、ただいま新しいタイル張り中。
a0049695_13311875.jpg



随分と明るくなりそうです。
by tajimbo | 2013-02-21 13:22

一年がかりの区切り

本日、昨年の1月から設計監理を進めていたマンションの大規模修繕工事が終り、引渡しを完了しました。
a0049695_20245188.jpg



住民総会の場で完了のご報告をし、入居者の方々には多大なご協力を頂いたことへのお礼を述べさせて頂いたところ、逆に、理事長さまから、本当にお世話になりました、こちらこそありがとうございました、と温かいお言葉を頂きました。

入居者の皆さんの月々の修繕積立金で7000万を超える大金を掛けた、十数年に一度の大掛かりな工事です。

その大金を、十分に生かしたものにするのが設計監理者の務めです。


最後の引渡し時に、自分の仕事に対してお施主さまからお礼のお言葉を頂けたことは、何とか務めを果たせた、という安堵感と共に、やり甲斐を感じられるひと時です。
この一瞬のために一年を掛けてきたとも言えます。




私は、設計事務所とか、工務店とか、建築家とか、デザイナーとか、全然こだわりがありません。
何でもいいんです。


ただ、自分の経験とか、技術とか、人柄とかが誰かに必要とされ、仕事として携わらせて頂き、その結果、喜んで頂けることが嬉しくて建築人をやってます。


これからも、住宅の設計から、ビルものの設計、マンションの修繕、いろんな調査とか、細々とした工事とか、私が必要とされ、自分にできることはやらせて頂きます。

大袈裟かもしれませんが、それが建築一筋しかない私の生き方なのかな、と思っています。
by tajimbo | 2013-01-27 19:45

久しぶりのイキヌキ

1日の午後から久しぶりに読書をしました。
随分と前に購入はしていたのですが、昨年は読書をする気にもならないくらい、仕事に追われていました。
a0049695_12233923.jpg


その本は『永遠の0(ゼロ)』。

数年前の発刊で、今年には映画化もされるようです。

結局、昨日の午後から夜中の2時くらいまで、一気に読み切ってしまいました。

内容に引き込まれたのもありますが、久しぶりに「仕事以外」の世界に触れ、集中しました。

仕事ばかりしていてはイカンですね。

住宅の設計では建築の知識や知恵が必要なのはもちろんですが、お施主さんの趣味志向や、言葉にならない本質的な欲求を引き出すことが重要で、そのためにはいろんな会話の中からその一端を見つけ、うまく紡ぎ出すことが必要になってきます。

そういった意味でも、設計者のほうが建築以外の知識や経験を十分に積んでおかないと。

今年は、「建築」と「それ以外」のものにも忙しくしていこうと思います。
by tajimbo | 2013-01-02 11:40

謹賀新年

a0049695_11445022.jpg

新年明けましておめでとうございます。

昨年は、大変ありがたいことに本当に忙しくさせて頂きました。

屋根の上にいるかラーメンばかり食べていると皆さんに言われましたが、その他にもお仕事やその他の活動もいろいろとさせて頂きました。


今年も昨年以上に、変わらぬご愛顧と新しい出会いに感謝しながら、精一杯頑張ってまいります。

今後ともよろしくお願いいたします。
by tajimbo | 2013-01-01 11:35

耐震改修の計画

今日は午後から、岡崎市での耐震改修計画の現場調査。

工務店の兄貴も一緒に、解体工事や改修工事費の見積りのための調査です。



昭和25年築(築62年)の長屋のような店舗兼住宅を、息子さんが住むための専用住宅に、耐震改修を行いつつリフォームするものです。


一応、「木造耐震診断士」でもあるワタシ、久しぶりの耐震計画です。



結構、イイ材料や手間を掛けている家で、和室の丸窓障子もなかなか趣きがあります。
a0049695_1927234.jpg

by tajimbo | 2012-11-26 19:13

マンションの定時総会に

西区のマンションの定時総会に出席しました。

年明けの大規模修繕工事に向けて設計作業中ですが、その途中経過のご報告、工事費用のこと、グレードアップ工事のこと、今後のスケジュールなどを話しさせて頂きました。


しっかり聞いて頂き、しっかりご意見も頂け、皆さんで積極的に考えて頂けるのでありがたいです。


管理組合もホントさまざまです。

言いたい放題で話がまとまらない管理組合もあれば、逆に、誰も発言されない静かーな組合も。

どんな組合さんでも、意見をまとめて課題を解決しながら進めるのが私たちの仕事です。
by tajimbo | 2012-10-28 12:35

外構工事

a0049695_18143969.jpg今日は久しぶりに 「長久手の家」 へ。

Cさんが自ら行っている直営の外構工事を覗きに。

外周部に敷き詰める砕石は、今日、兄貴がダンプで持ってきました。

植栽は近くの園芸店で買って、自動車の中をジャングルのようにして運んだそうです。

写真中央はシマトネリコ。

その他、玄関の通り土間の奥の裏庭には、センリョウとマンリョウが植えられていました。

Cさん曰く、やっぱり庭に植栽があると落ち着くようで、植栽を入れてからはデッキの前に座ってボーっとしていることもあるとか。

コツコツと自分色の庭にしていってくださいね。



そのあと、コーヒーをいただきながら少々雑談を。

この家の前の道路を通る人はみんな、家を見上げていくそうです。
ハウスメーカーではないのは一目瞭然なのですが、ちょっと他にはない個性的な家なので。

両隣の家の工事関係の人とたまたま話しをすることがあったそうですが、その工事関係の人はみんな板金工事を絶賛していくそうです。
すごい丁寧な仕事がしてあるって。
さすが江本板金さん。
まあ、板金工事だけではないんですがね。丁寧なのは正栄工務店の工事すべてですよ。


でも、そういえば設計を絶賛していった人はいないそうで・・・。
ハハハ・・。
ボクはマイナーな存在、でいいや。
by tajimbo | 2009-01-15 18:38

忘年会

今日は以前の設計事務所時代の先輩・後輩を入れての小規模な忘年会でした。

実は、5次会までいって、このブログを書いているのは4:30分です・・。


3次会からは、比較的近所に住んでいるK先輩とマンツーマンで3、4、5次会と。


さすがに眠いです。


でも、楽しかったです。

でも調子に乗りすぎましたかね。




たまには、弾けるのも、良しですよね。

ということで、もう寝ます。
by tajimbo | 2008-12-19 23:59