ブログトップ | ログイン

愛知 名古屋の建築設計事務所 / 住まいの建築人・tajimaのイキヌキニッキ

tajima.exblog.jp

グラスウールと筋交い

いつも参考にさせていただいている「住まいの水先案内人」さんのBlogに、お手本のようなグラスウールの施工例が紹介されていました。

住まいの水先案内人 Blog

※こちらのWebmaster HORIさんのブログやHPは、とても家づくりの参考になります。
どこかのメーカーや何かの工法に肩入れするわけでもなく、かといって、何でもかんでも「消費者の味方」で教科書通りの理想論をかざすわけでもなく、経験に裏打ちされ、実際の「建築という原寸大のモノづくり」の理想と現実を見据えたうえでの客観的な意見は、とても参考になります。



ボクの物件でも、正栄工務店ではお手本通り、やってますよ。

a0049695_053885.jpg

筋交いに当たる部分のグラスウールを切り、室内側の防湿フィルムを一旦めくり、筋交いの上に被せるように施工します。

これ、結構、手間がかかるんです。
だから、みんなやりたがらないんです。


a0049695_0565177.jpg

上の写真で赤くバッテンになっている部分に「たすき掛け」状に筋交いが入っていますが、防湿フィルムをかぶせているので、室内側からは筋交いが見えません。

ちなみに、正面の筋交いの中央付近の穴は、将来用エアコンの配管用の穴(スリーブ)を事前に入れてあります。

あとから家電量販店でエアコンを購入して、建築のド素人のようなエアコン職人が外壁に穴を明けると、まず、筋交いを痛めます。
ホント、家電量販店の職人には気を付けたほうがいいです。
彼らは、一日に何件ものエアコンを取り付けないといけないため、スピードが命、建物のことなんか知るか、という感じの人も多いですから。(当然、きっちりした人もいますけど)
by tajimbo | 2011-01-26 23:59 | 建築
<< 最終マス クリス・グレンさんに >>